毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「リピート~運命を変える10か月~」。同ドラマの世界観を体験できる恋愛ミニゲーム「恋するリピーター」が、2月14日より同ドラマの公式ホームページにて公開されている。

【写真を見る】選択肢に回答しながら物語を進めていくシステムや、シルエットのみのキャラクター描写は、あの名作ゲームをほうふつさせる!?

乾くるみの長編小説が原作の同ドラマは、人生をやり直すため、10か月前に戻ることができる“リピート”という時間旅行に参加した8人の男女が、予期せぬ事件に巻き込まれていく姿を描いたミステリー。

10か月前に戻った8人の“リピーター”たちが次々に命を落とし、鮎美(貫地谷しほり)や圭介(本郷奏多)、天童(ゴリ)たちも容易には変えられない自らの運命に苦悩するなど、練りに練られた巧みなストーリー展開が大きな話題を集めている。

そんな中、番組ホームページでは、バレンタインデーに合わせてスペシャルコンテンツ「激ムズ恋愛ゲーム!恋するリピーター」を公開した。これは、プレーヤーが別れた恋人のことが忘れられない主人公となり、街で偶然出会った元恋人とヨリを戻し、再び恋愛を成就させることを目的としたアドベンチャーゲーム。

プレーヤーは、デートなどさまざまなシチュエーションで分岐する行動を選択し、恋の駆け引きをしながら、ハッピーエンドを目指していく。だが、このゲームの難易度は「激ムズ」。ほとんどの場合、プレイヤーの恋は実らず、不本意な結末(=バッドエンド)を迎えてしまう。

またゲームの途中には、「彼女or彼氏が食べたい料理」をフリーワード入力で回答するといった、理不尽なほどの超難問も。一筋縄ではクリアできない激ムズ恋愛ゲームとなっているが、どの問題もゲームのどこかに必ずヒントが隠されている。

ドラマでは、謎の男・風間(六角精児)の誘いに乗った8人の男女が、リピートで10か月前に戻る姿が描かれるが、ゲームにも六角演じる風間が登場し、苦戦するプレーヤーに甘い言葉で「リピート」へと誘う場面も。

恋人に何度フラれようとも、風間の勧誘に乗ってリピートすれば、10か月前に戻って恋人に再アタックすることが可能。リピートを繰り返しながら、バッドエンドに至る失敗の選択肢を回避したり、恋人に関する秘密の情報を集めたりしながら、ハッピーエンドを目指していく。

また、ゲームの結末によって「あなたの恋愛力」が表示され、その結果はSNSなどで友達にシェアすることも可能。この激ムズな恋愛ゲームで、運命に翻弄される“リピーター”たちの気分を味わってみよう。

■ 2月15日(木)放送 第6話あらすじ

圭介(本郷奏多)の元恋人・由子(島崎遥香)が、鮎美(貫地谷しほり)のノートの内容から“リピート”の存在に気がつく。由子はその秘密をダシに天童(ゴリ)を挑発し、エキセントリックに怒りを募らせる。

さらに、鮎美の目の前に現れた由子は、「圭介の彼女は自分だ」とけん制して、リピートの秘密を暴露しない代わりにヨリを戻すよう圭介に迫る。一方、坪井(猪野広樹)の暴走もエスカレートし、逆恨みされた鮎美は新たな事件に巻き込まれてしまう。(ザテレビジョン)

「リピート~運命を変える10か月~」が、まさかの恋愛ゲームに!