田中れいなさん主演のミュージカル『ふしぎ遊戯-蒼ノ章-』の公演が10月13日から上演されることが決定した。本作は2016年に上演されたミュージカル『ふしぎ遊戯-朱ノ章-』の続編となり、田中さんと、ともに主演した平野良さんも続投。演出・脚本は新たに浅井さやかさん(One on One)が務める。

『ふしぎ遊戯』は1991年から『少女コミック』にて掲載(著者:渡瀬悠宇)、現在シリーズ累計販売は2000万部を越える。幻想的なストーリーで、主に女子中高生を魅了。1995年にはアニメ化もされ大人気に。

ミュージカル『ふしぎ遊戯-蒼ノ章-』は10月13日~21日、東京・全労済ホール/スペース・ゼロで上演。キャストなど新情報は公式サイトなどで随時紹介。

【前作までのストーリー】
時は現代。主人公の夕城美朱は親友の本郷唯と共に、「四神天地書」という不思議な本の中の異世界に吸い込まれてしまう。
そして、それぞれが「朱雀の巫女」「青龍の巫女」としての任務を負い、様々な不幸が重なり、対立することに…。
それぞれの神を招喚し3つの願いをかなえるべく、その招喚に必要な「七星士」を捜す旅に出る…。

田中れいな