ジャニーズアイドルグループA.B.C-Zの塚田僚一が、2月9日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。「後輩ジャニーズお年玉を配ったために、賃が払えなくなった」という衝撃エピソードを明かした。

 番組内では、後輩ジャニーズアイドルから塚田へのクレームを紹介。その中で、Kis-My-Ft2二階堂高嗣から「塚田が年末に舞台で共演していたジャニーズJr.全員お年玉を渡したため、欠になり、Kis-My-Ft2ライブDVDを売って賃の支払いにあてようとしていた」というエピソードを暴露されてしまった塚田。本人いわく、共演したJr.は100人ほどおり、結構な出費だったそう。結局、DVDを売っただけでは足りずに、親から30万を借りてしまったとのことだった。

 塚田からお年玉をもらったJr.はさぞかしうれしかったに違いないが、塚田にとってはなんとも悲しいオチが付いてしまったエピソード。しかし、そんな塚田のように“お年玉慣習”で苦労している若手ジャニーズアイドルは他にもいるようだ。

ジャニーズでは正月お年玉後輩に渡すのが慣わしです。額はジャニーズJr.一人当たりでも1万円と高額で、デビュー組に渡す額は、もっと多いでしょう。そのため、若手ジャニーズアイドルには相当な額の出費になり、正直キツいようです。ジャニーズWEST山照史と中間太は、『先輩からもらったお年玉を、そのまま後輩に渡す』とラジオで明かしていたこともあります」(芸記者

 一方、古ジャニーズアイドルはというと……。別の芸記者はこうる。

「以前、テレビ番組でタッキー滝沢秀明がJr.100人にお年玉を配ったという報道がされた際、出演していた少年隊東山紀之が『らは、あとでお年玉分を事務所からもらうので』と明かしていたことがあります。古ジャニーズ事務所を保有していたりするので、そういったところで相殺できるのでしょう」

 もともと、少年隊近藤真彦からお年玉を渡され「うれしかった」ということで、この気持ちを後輩にも味わわせたい、と始めたジャニーズお年玉慣習。しかし、時代が変わった今では、若手ジャニーズアイドルの首を絞める“悪しき慣習”となっているのかもしれない。