角川ゲームスは、週刊ファミ通2018年3月1日号(2018年2月15日発売)にて、プレイステーション Vita、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4用ソフト『GOD WARS(ゴッドウォーズ) 日本神話大戦』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。

神話再編
 昨年発売され、やり込み派のプレイヤーたちから好評を得たタクティクスRPG『GOD WARS(ゴッドウォーズ) ~時をこえて~』が、装い新たに『日本神話大戦』として登場。


【画像4点】「『GOD WARS(ゴッドウォーズ) 日本神話大戦』神々が戦うタクティクスRPGが大幅に進化!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

豪華絢爛
 往年のゲームジャンルに新たな魅力や可能性を加えることで進化させるという方針のもと、濃密なバトルが楽しめるよう開発が進められている『日本神話大戦』。誌面では新たなキャラクターやダンジョンなど、本作の注目ポイントを紹介。


※詳しくは週刊ファミ通2018年3月1日号(2018年2月15日発売)をチェック

対応ハード:プレイステーション Vita、Nintendo Switch、プレイステーション4
タイトル:GOD WARS(ゴッドウォーズ) 日本神話大戦 
メーカー名:角川ゲームス
発売日:発売日未定 
価格:価格未定
ジャンル:シミュレーション・RPG
CERO:審査中
備考:開発:角川ゲームス、ディレクター/シナリオ/原作:安田善巳、キャラクターデザイナー:箕星太朗、モンスターデザイナー:竹安佐和記、コンポーザー:新田高史、語り部:佐野史郎





(C)KADOKAWA GAMES
※画面は開発中のものです。