キヤノンの製品デザイン6件が、ドイツiFインターナショナルフォーラムデザイン催する「iFデザインワード2018」を受賞しました。

EOS 5D Mark IV(レンズ交換式カメラ)
EOS M5(レンズ交換式カメラ)
EF70-300mm f/4-5.6 IS II USM(※1)(EOSシリーズ用交換レンズ)
Gシリーズ(※2) (インクジェットプリンター) *写真はG3310
i-SENSYS MF730/630シリーズ(※3)(レーザー複合機)i-SENSYS LBP650/610シリーズ(※4)(レーザープリンター)*写真は左から i-SENSYS MF735Cx/i-SENSYS LBP654Cx
CXDI-810C Wireless CXDI-710C Wireless CXDI-410C Wireless(デジタルラジオグラフィ)

<「iFデザインワード」とは>

iFデザインワードは、1953年から続く際的に権威のあるデザインワードの一つで、毎年、全世界の工業デザインを対に優れたデザインを選定しています。
賞は、プロダクト、パッケージコミュニケーションインテリア/内装建築プロフェッショナルコンセプトサービスデザインUX建築の7分野で構成され、今年は54・地域から6,402件の応募があり、際的に活躍するデザインの専門により審されました。

なお、今年度でキヤノングループとしての受賞は24年連続となりました。これを励みとして、今後も性デザインを高度に融合させた製品づくりを続けていきます。

※1 EF70-300mm f/4-5.6 IS II USM内名称はEF70-300mm F4-5.6 IS II USM
※2 2018年2月22日発売予定。
※3 i-SENSYS MF730/630シリーズ内名称はSatera MF730/630シリーズ
※4 i-SENSYS LBP650/610シリーズ内名称はSatera LBP650/610シリーズ

配信元企業キヤノン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ