安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と電話で約1時間15分、協議した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し最大限の圧力をかけ続けることで一致。首相は協議後、「日米は、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を前提としない限り意味ある対話はできないと考えている」と強調した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年2月14日午後2時2分、川田雅浩撮影