The Priceline Group (NASDAQ: PCLN) の一員であるオンラインレストラン予約サイトのリーディンカンパニーオープンテーブル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表 兼 OpenTable Inc. CFOジェフ・マコームズ)は、今後も訪日外国人の増加がますます見込まれる中、「訪日外国人が予約した日本レストラン トップ 20」を発表しました。
訪日外国人は増加の一途を辿り、国土交通省の発表によると、2017年1年間の訪日外国人の数は2,800万人を過去最多を更新し※1、今後、訪日外国人の数は2020年に向けてさらに増加することが期待されています。
今回の「トップ 20レストランは、OpenTableに加盟している日本1,600店以上のレストランを対に、日本に来日した外国人OpenTableユーザーの予約総数・予約率を基準に決定致しました。懐石料理からアメリカ料理まで、幅広いカテゴリーレストランが選ばれました。
※1 国土交通省観光庁【訪日外国人消費動向調平成301月16日発表

「訪日外国人が予約した日本レストラン トップ 20」 (五十音順)

「訪日外国人が予約した日本レストラン トップ 20」にランクインしたレストランで食事をした訪日外国人からの評価・口コミを分析したところ、訪日外国人に好まれるレストランには、以下のような傾向・特長が見られました。


料理
日本ならではの料理提供
(例)懐石料理寿司天ぷら、焼など
■ 新鮮な魚介類や野菜を使用した料理提供和食洋食問わず)
日本独自の素材を用いるなど、日本でしか食べる事のできない料理提供
(例)神戸ステーキ和食とのフュージョン料理など
■ 種類が豊富で、質の高いワインを用意
■ 体験できるアクティティを用意
(例)火鉢焼肉、自分で釣ったをお好みの調理方法で注文する、食事中でも職人の調理の様子が楽しめる(天ぷらを揚げる、焼を焼く、寿司を握るなど)

サービス・眺望>
英語メニュー英語で接客ができる店員を用意
■ 丁寧な接客、店員シェフフレンドリー
素晴らしい色を見ながらの食事体験を提供(高層階にあるレストランからの眺めや日本ならではの風景が見えるなど)

今回ランクインしたレストラン「開屋」は、新鮮な食材を使って、ジャンルにとらわれず、時にエスニック、時に欧など様々な・地域から来店するお客様にあわせて、料理提供しています。オーナーシェフ丹下(たんげ)氏に、来店する訪日外国人の特徴ついて伺ったところ、「訪日外国人のお客様は来日前に日本でしか味わえない食事体験をめて、レストラン事前情報収集をしていらっしゃるのではないかと思います。初来店のお客様の中には予約サイトの評価・口コミを見て来店する人も少なくありません。さらに一度気に入っていただくと、訪日外国人のお客様であっても再来店してくださいます。例えば、OpenTableのクラウドサービス『GuestCenterゲストセンター)』のようなお客様の情報を一括して簡便に収集・管理できるシステムがあれば、お客様が以前何をオーダーされたか、好みは何か、アレルギーはあるかなどを確認できるので、再来店された際にも十分なホスピタリティを発揮できます。」と初来店、そして再来店の訪日外国人客についての特徴と対応についてお話しくださいました。
さらに「訪日外国人のお客様とのコミュニケーションのきっかけ作りのために、同店ではオーナーシェフ特製のKAIKAYA TIPS(開ティップス)を作成しています。KAIKAYA TIPS(開ティップス)は、全席にランチョンマット、小皿、お箸とともにセットしており、最初の1 品が出てくるまでの間の時間に読んでいただけるコンテンツを盛り込んでいます。KAIKAYA TIPS(開ティップス)には、提供している料理の調理法やおすすめの食べ方などをオーナーシェフ直筆のイラスト付き、しかも英文でご用意しています。自由にお持ち帰りいただいて、帰した際にぜひ周囲の方にお店での体験を伝えていただく際のツールにしていただければと始めたもので、とても好評です。」と訪日外国人客の日本でのレストラン体験をさらに素晴らしいものへとお手伝いするための施策についてお話ししてくださいました。

同じくランクインしたハイアットリージェンシー京都内の東山(トウザン)は、京都の古民家コンセプトデザインされ、厳選した旬の素材の味を最大限に引き出し、芳ばしい香りとともに楽しんでいただける備長炭を使った炭火料理料理長こだわりの一品料理を楽しめる日本料理レストランです。寿司カウンターでは、ひと手間かけた江戸前寿司が堪できます。また同ホテル内にあるイタリアレストランTrattoria Sette(トラットリア セッテ)は、明るい自然さしこむ開放的な雰囲気の中でカジュアルスタイルで、石釜のオーブンで焼き上げたナポリスタイルピッツァパスタなど素材の持ち味を生かしたシンプル正統派の味わいを楽しんでいただけるレストランです。
ハイアットリージェンシー京都 セールス&マーケティング部長菊田氏に来店する訪日外国人とのコミュニケーション方法について伺ったところ、「東山(Touzan)では、カウンター越しにシェフがお客様と英語で会話をし、メニューの説明を通してコミュニケーションを取っています。サービススタッフは、英語だけでなく中国語が話せるスタッフえており、訪日外国人ゲストとのコミュニケーションをとても大事にしています。またレストランだけでなく、宿泊施設の各客室にも、タブレット端末を配備しています。宿泊するお客様がタブレット端末自由レストラン検索し、いつでもオンライン予約できるよう設備を整えております。」と訪日外国人客の旅行中のIT活用動向を捉えたサービスについてご紹介くださいました。

オープンテーブル株式会社 セールス&サービス ディレクター 麻生 浩史(あそう ひろし)は以下の通り述べています。
「今回発表した『訪日外国人が予約した日本レストラン トップ 20』の結果から、訪日外国人のお客様が、懐石料理寿司といった和食はもちろん、洋食においても、日本ならではの素材を生かした料理と味、そして日本でしかできない食事体験をめていることがわかりました。今後も訪日外国人のさらなる増加が見込まれる中、内のレストランも拡大するインバウンド需要に対応する必要性がますます高まる事が考えられます。ぜひ今回ランクインしたレストランが実施している訪日外国人にも喜ばれる様々な工夫や独自のサービスを参考にしていただければと思います。OpenTable では、2016年10月から『グロバルダイニング・パスポート』を提供しており、訪日外国人日本レストランを7ヶ国語日本語英語スペイン語フランス語ドイツ語オランダ語イタリア語)で検索・予約することが可です。OpenTable はこれからも増加が期待される訪日外国人日本レストランを結びつけ、お客様に思い出に残る食事体験が提供できるよう取り組んでまいります。」

ランキングは、2016年10月1日から2017年9月30日の期間に、OpenTableを利用した訪日外国人ユーザーからの予約数が最も多かったレストラン50位の中から、訪日外国人からの予約率が高いレストラン20 店舗を選出しました。

<OpenTableについて>
OpenTable (オープンテーブル)は、The Priceline Group (NASDAQ: PCLN) の企業で、オンラインレストラン予約における業界をリードする企業です。加盟レストランは全世界で43,000店舗をえ、毎の利用者数は2,300万人以上にのぼります。
OpenTable はお客様とレストランをつなげる架けとして、お客様がより魅的なレストランと出会えるお手伝いを、またレストランがよりきめ細かいサービス提供リピーター獲得を促進するお手伝いをしています。OpenTableの利用者はレストラン席状況を容易に把握でき、評価・口コミやメニューなどの店舗情報をもとに、気になるレストランを簡単に予約することができます。
OpenTableのウェブサイトスマートフォンアプリの他に、内外の大手インターネット企業およびブランドを含む約600のパートナーサイトからも予約を受け付けています。OpenTableのホスピタリティソリューションを利用することで、レストラン側は予約管理の負担が軽減され、店舗運営が効率化でき、サービスレベルを向上することができます。1998年の設立以来、OpenTableは世界中で14億人をえるお客様にオンライン予約をご利用いただきました。OpenTableは、米国カリフォルニア州サンフランシス
に本社を置き、米国全土をはじめ、日本イギリスアイルランドカナダドイツメキシコ、そしてオーストラリアを含む20以上においてサービス提供しています。レストラン予約は、日本語英語スペイン語フランス語ドイツ語オランダ語で予約可です。オープンテーブル株式会社は、米国OpenTable, Inc.の日本法人です。さらに詳しい情報は、http://www.opentable.jpをご覧ください。
また、製品情報は、https://restaurant.opentable.jpをご覧ください。
【他関連情報リンク
OpenTable ブログ: http://openforbusiness.opentable.jp/
OpenTable eBook: https://go.opentable.com/JP-2017-eBook-HTGP1.html
OpenTable facebook: https://www.facebook.com/OpenTable.Japan/
OpenTable Youtube: https://www.youtube.com/user/OpenTableVideo英語のみ)





配信元企業オープンテーブル株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ