Qualcommは14日、最新のLTEモデム「Snapdragon X24」を発表しました。X24は世界初の下り通信速度最大2Gビット/秒を実現するチップセットです。

2018年のiPhoneには採用されない?

Qualcommの新モデムSnapdragon X24は、カテゴリー20のモバイルチップとして初の通信速度最大2Gビット/秒に到達しており、電力性能が最低50%改善するという、線幅7ナノメートルの半導体として業界で初めて発表されたチップであるとのことです。X24は使用状況次第で旧ギガビットモデムの2倍の速さに達するといわれています。
 
しかしながら、実際にはこのスピードを記録するのは難しいとされています。アメリカではキャリアアグリゲーション技術を使って、7つの周波数帯まで同時に使用することが可能ですが、米国内で3つ以上の周波数帯をまとめた広帯域化を実現しているキャリアは存在していないためです。
 
Snapdragon X24を搭載した最初のデバイスは2018年末に市場に出る見込みですが、Appleは今のところQualcommのLTEモデムをiPhoneから締め出し、Intelのモデムのみを採用すると予測されており、Intel以外のモデムを使用する場合でもMediaTekのモデムを選択するとみられています。
 
 
Source:Qualcomm via AppleInsider
(lexi)

Qualcomm、世界初となる通信速度最大2Gビット/秒のLTEモデムを発表