JRAでは年明け初となるGI・フェブラリーS。ドバイワールドCに参戦するような超トップ級を除けば、5月のかしわ記念、6月の帝王賞まで間が開くため、国内のダートGI戦線の最終戦という性格もある一戦となっている。

1.若い馬が強い

 過去10年で4、5歳馬が4勝ずつを挙げていて、連対率でもこの両世代がトップ。7歳以上の勝利はゼロと、高齢になるに従って成績が落ちる傾向が出ている。

2.スペシャリストのためのレース

 芝スタートでワンターンのマイル戦という設定は、JRAでは現状このコースだけ。ダート戦としては例外的にスピードとキレ味が求められる舞台である。最近6年間の勝ち馬は、いずれもそれ以前に東京ダート1600m戦のユニコーンS、武蔵野S、ヒヤシンスSという重要レースで好走した実績があった。

3.ある程度早めに動けるか

 直線が長い東京コースではあるが、追い込み一手のタイプはこのレースでは苦戦を強いられている。昨年は1番人気のカフジテイクが3着、一昨年も1番人気のノンコノユメが2着と、追い込みタイプは人気になっても勝ち切れない。追い込み型が断然優位な根岸Sとは一線を画する傾向になっているので注意したい。


 サンライズノヴァは前走で532kgという超大型馬で、しかも大トビということもあって不器用さがつきまとう。それだけに、距離がやや短い懸念もあった根岸Sで勝ち馬より一歩早めに動いて2着したことは、本番を見据える上で大きな価値があった。東京ダート1600mは、昨年のユニコーンSを4馬身差で圧勝した舞台でもあり、距離延長は願ってもない。時計勝負にも不安はなく、4歳馬の上昇度に期待したい。

圧勝した経験がある舞台での好走を狙うサンライズノヴァに注目(撮影:下野雄規)