【ニューヨーク時事】米南部フロリダ州パークランドの高校で14日午後(日本時間15日未明)、銃乱射事件があり、地元捜査当局によると、生徒ら17人が死亡した。容疑者は同高校を退学した元男子生徒(19)で、間もなく拘束された。

 拘束されたのはニコラス・クルーズ容疑者。退学理由の詳細は不明だが、地元メディアによると、在学中に別の生徒を脅すなどの問題を起こしていたほか、銃マニアだったとされる。捜査当局は容疑者を聴取し、高校への侵入経路や動機の解明を進める。

 捜査当局の発表によると、容疑者は半自動小銃「AR-15」で武装していたほか、複数の弾倉を所持していた。遺体の多くは建物内で発見されたが、屋外で見つかった人もいた。銃声を聞いたという女子生徒はCNNテレビに「最初は誰かが遊んでいる音かと思ったが、銃声が止まらなかったので逃げ出した」と語った。CNNテレビなどによると、容疑者はガスマスクを持っていたほか、パニックを起こして犠牲者を増やすため、火災警報機を自ら鳴らしたという。

 地元メディアによれば、容疑者は乱射事件後に高校から離れたが、捜査当局に間もなく拘束された。抵抗などはしなかったという。 

〔写真説明〕14日、銃乱射事件が発生した米フロリダ州パークランドの高校の生徒ら(AFP=時事)

14日、銃乱射事件が発生した米フロリダ州パークランドの高校の生徒ら(AFP=時事)