2月14日に日本テレビ系水曜ドラマ「anone」(夜10:00-11:00)の第6話が放送された。

【写真を見る】食卓でうっかり寝ちゃった広瀬すずがかわい過ぎる!!

本作は、広瀬すず主演×坂元裕二脚本の、“何もかも失った人たち”が真実の人間愛を見つけていくヒューマンドラマ。

ハリカ(広瀬)、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)が亜乃音(田中裕子)の家で共同生活をスタートし、孤独だった4人が自分たちの居場所を見つけ静かに暮らしていくのだろうと思った矢先、4人の前に、理市(瑛太)が現れ、「一緒にニセ札を作りませんか?」と持ち掛けた第6話。

理市は、かつて年商400億円の会社の社長だったこと、亜乃音の娘・玲(江口のりこ)の息子・陽人(はると、守永伊吹)は死者を出した火事を起こしてしまった過去があること、理市はそれをネタに亜乃音の夫・京介(木場勝己)にニセ札作りを協力させていたことなどが明らかに。

第6話で印象的だった坂元脚本特有のせりふ回しをここでおさらい。キャスト別にまとめました!

■ 「この世界には本物のふりをした偽物が紛れ込んでる。その手でそれを作ってみたい。そう思いました」中世古理市(瑛太)

■ 「大人になっても探検したら怒られる。でも、大人になったらお金が稼げる。お金で自由が買える」中世古理市(瑛太)

■ 「悪い子なんていないよ。そう決める人がいるだけだよ」中世古理市(瑛太)

まずは6話で過去が明らかになった理市から。第6話は、これまで沈黙を貫いていたのが信じられないくらい、とにかくよくしゃべった理市。

「ニセ札を作りたい」と言い出した理市の動機は、贋物に魅せられたことだった。かつては頂点を極めた理市は、本物を知るからこそ、贋物に憑りつかれたのだろうか。

そして理市には、若くして上り詰めた中で自然と身に付いたのか、プレゼン力がある。言葉に力がある。

幼稚園児の陽人に語り掛けた「お金で自由が買える」「悪い子なんていない」というせりふも万人に通じる言葉だった。

■ 「犯罪者がする目、というものがありましてね、僕はもうその目を見るのに疲れたんです」花房万平(火野正平)

■ 「コアラと、コアラとというか、僕と、残りの人生どうでしょうか」花房万平(火野正平)

続いては、亜乃音が勤める法律事務所所長の万平。前者のせりふは「ニセ札に被害者はいない」と通貨偽造に邁進(まいしん)する理市と対極に、消極的ではあるが「犯罪者は絶対に見抜ける」という意味にもとらえられる。

後者は、亜乃音に何度かアタックする万平の、再びの愛の告白。亜乃音にはポカンとされてしまったが、万平のネバーギブアップ精神には「いつか思いが通じますように」と願ってしまう。

■ 「他人が言うことなんて聞かなくていいの。そんな人はね、地獄に落ちるから」林田亜乃音(田中裕子)

■ 「だって育てたら自分の子供になっちゃうもん」林田亜乃音(田中裕子)

■ 「そうね。他人だって思ったことないから」林田亜乃音(田中裕子)

そして、血のつながらない娘・玲(江口)となんとか関係を修復したい亜乃音の言葉を。

玲が天真爛漫で野放図な息子・陽人を育てる中で、周囲からいろんなことを言われると聞いた亜乃音は、穏やかな表情で「そういう人は地獄に落ちる」とサラッと言ってのける。

また、玲が「夫が浮気相手との間に作った子供育てて」「母親だと思ってた人が他人だと知った子供の気持ちなんて、あなたに分からない」と悪態をついても、大きな愛で包み込む亜乃音のほんの一言が心に刺さる。

■ 「『忘れたり失くしちゃったりするのって大事にしてないからじゃないんだよ』って、『みんなと仲良くできなくても、きっといつか仲良くできる人が現れるよ』って、次会った時に教えてあげなきゃ」辻沢ハリカ(広瀬すず)

■ 「亜乃音さん。私、お金がほしい」辻沢ハリカ(広瀬すず)

ここで、主人公・ハリカの言葉を。立派な個性や才能がある一方、周囲から浮いてしまっている陽人に、自身の過去を重ね合わせるハリカ。

「変な質問をし過ぎるから、先生に僕の声聞こえなくなった。そしたら、みんなにも聞こえなくなった」「僕は変な子だから」と社会と折り合いを付けようとする陽人に、ハリカは、自分の経験を教えてあげたいと思う。

その経験というのは、心の支えである彦星(清水尋也)の存在や、亜乃音、るい子、舵との出会いのことで、現在に幸せを感じているから気付けたのだろう。

苦しい過去を乗り越えたくましく生きるハリカの優しさ、成長にグッと来た視聴者は少なくないはずだ。

強く、優しいハリカが、この物語で一貫しているのは、お金への執着。高額医療を受けられないため長生きできないと諦める彦星を、なんとか助けたいと思うハリカ。

6話で「頑張ればまだ1年、生きられるかも」という彦星の言葉に、「短いよ…」とハリカは悲しむ。気迫のこもった「私、お金がほしい」という言葉は、これから運命が大きく変わっていくことを予感させた。

■ 「普通の19歳の悩みは、前髪がうまくできないとか(中略)なんだそうです。誰かの病気のことで悩む19歳はあまりいません。君の前髪のためにも頑張らなきゃなって思います」「光栄です。私の前髪は幸せですね」紙野彦星(清水尋也)&辻沢ハリカ(広瀬すず)

■ 「東京の一等地のマンションが欲しいです。欲しくて欲しくて仕方ないです。私、東京の一等地のマンションが手に入るならどんなことでもしたいと思ってます」辻沢ハリカ(広瀬すず)

さらに、ハリカと彦星のチャットトークから。彦星の体調を気遣うばかりハリカに、彦星は「もっと自分のことを考えていいんだよ」という思いを“前髪”に込めた。

また、ハリカはアルバイト先で、彦星の受けるべき高額医療が「東京の一等地のマンション分の費用が掛かる」と聞いていた。そんな矢先、彦星から「今、何が欲しい?」と聞かれて「治療費」の代名詞として返答。ハリカの素直で一途な人柄が象徴されたせりふだった。

■ 「みなさんちょっと賞味期限をおろそかにし過ぎじゃないですか」持本舵(阿部サダヲ)

■ 「少し古いぐらいがおいしいのよ」林田亜乃音(田中裕子)

■ 「気にしなければ平気だよ」青羽るい子(小林聡美)

■ 「食べた日が賞味期限です」辻沢ハリカ(広瀬すず)

最後は、坂元脚本に欠かせない食卓での会話を。“疑似家族”の4人が鍋を囲んで賞味期限にギャーギャーとやりとする微笑ましいシーンが描かれた。

唯一の“賞味期限絶対守る派”の舵は「それどこの言い伝えですか」「『気にしなければ平気』。皆さん、新しい人類ですか?」「『食べた日が賞味期限』。泳げない子供、プールに投げ込んでも泳げるようにはなりませんよ?」と食い気味にツッコミを入れる姿が笑いを誘った。

■ 来週2月21日(水)は放送休止、次回第7話は2月28日(水)です!

<あらすじ>亜乃音は、自分の罪に気づいていない陽人と玲を守るためニセ札作りへの協力を決意する。るい子と舵も協力を申し出る中、ハリカだけは犯罪に巻き込みたくない亜乃音はニセ札作りをハリカに秘密にすることに。

ハリカが彦星の治療のために大金を必要としていると知った亜乃音だが、ハリカには「真面目に働いて稼ぎなさい」と諭す。

理市の主導のもとニセ札作りにやりがいを感じる舵に対し、亜乃音とるい子は冷ややかに作業は進む。そんな中、亜乃音の自宅を訪れた万平にうっかりニセ札の千円札を渡してしまう。

一方、彦星を探し訪ねてきた同級生・茉歩(藤井武美)にはある目的がある様子で…。(ザテレビジョン)

2月28日(水)放送の「anone」第7話で、理市(瑛太)がハリカ(広瀬すず)を別宅に招き入れる