(C)ra2studio / Shutterstock
画像はイメージです(C)Shutterstock

『嵐』の松本潤が主演している連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の第5話が放映された2月11日、番組の公式ツイッターに出演者の集合写真が投稿された。しかし、肝心の松本の姿がなかったため、《ジャニーズってTwitterはまだ出られないんですか?》、《なんで松潤いないのー?!?!》、《主役まだ出れないの…?》など、視聴者から不満の返信が多く寄せられた。

【関連】 中居正広「おれも生放送に出してよ」稲垣に必死の懇願 ほか

1月31日に『関ジャニ∞』の錦戸亮が主演映画『羊の木』の記者会見をおこなったとき、ジャニーズ事務所所属タレントのウェブニュースサイトにおける肖像権が一部制限付きで解禁になった。その後、2月7日に行われた『明治ミルクチョコレート』のバレンタインイベントで、松本の登壇写真がネットニュースに使用され、さらに同12日に行われた『V6』岡田准一主演の来年公開予定の新作映画『来る』の記者会見の模様も写真使用は可能だった。

SNSでは《番組の宣伝になるのに写真を制限するというはおかしい》、《ファン心理を無視しているやり方です》《出ていないことが不自然だとは思わないの》と、ジャニーズ事務所を批判する意見は多い。

 

基準難解!? ジャニーズ「ネット写真掲載」にファン不満の声

判断基準は曖昧なまま

「ジャニーズ事務所の写真については、記者会見の写真はOKですが2次使用は禁止です。コンサート中の写真はいままで通り完全NGで、コンサート前の囲み取材はOKなど、使用の基準はまだまだ厳しい上、いまひとつ分かりにくい。厳格なルールを正式なアナウンスとして出してくれないと、ファンの不満は解消されないでしょう」(芸能関係者)

ジャニーズタレントの写真問題は規制緩和傾向にあるとはいえ、評判はあまりよくないようだ。

 

【画像】

(C)ra2studio / Shutterstock

(C)Shutterstock