自分の長所・短所を知ることは難しい。自分を客観的に見るのは非常に難しいことだが、視覚的心理テストはその手助けになるだろう。画像を見て、最初に目に付いたのは何だろうか? 海外メディア「Your Tango」が報じたこのテストは、あなたの強みと弱みを明らかにする。

【その他の画像はコチラ→ http://tocana.jp/2018/02/post_15985_entry.html】

■男性の顔

 最初に男の顔が見えた人の強みは、厳しい状況下でも客観的に物事を見られることである。多くの人々が悲嘆にくれ、膝から崩れ落ちているような時でも、このタイプは冷静に行動することが出来る。そのことを知っている友人たちからは大いに頼りにされるだろう。

 一方でこのタイプの弱みは、感情を切り離すのが得意なことだ。たくさんの感情があってもそれを表現しないので、周囲の人々との本当のつながりを作るのが難しい場合がある。冷たい人だと噂されるのが嫌ならば、もっと自分を表現してみるとよい。

■テーブル

 最初に見えたのがテーブルだった人の強みは、他人の意見を聴き理解する能力だ。聞き上手でコミュニケーション能力に優れているタイプで、人付き合いが苦手な人でさえこのタイプには容易に心を開くだろう。

 このタイプは人との交流は楽しいが、行動することは嫌いだ。意見を聞いて集めて賛否両論のリストを作ることは大好きだが、それを基に意思決定したり行動に起こしたりしなければならない状況は恐れている。自分自身を信じることを学び、とにかく行動に移すべきだろう。

■座っている女性

 最初に椅子に座った女性が見えた人の強みは知性である。知的で新しい情報を得ることが大好きというタイプで、オタク気質かもしれない。重要だと思った物事は徹底的に調べ上げて専門家になれるタイプである。

 その一方で、このタイプは自分の興味のないことにはまるで注意が向かない。趣味から仕事までのあらゆる場面で、興味のないことには不注意になりがちだ。調和や幸せを保ちたいなら、もっと周囲に気を配るべきだろう。

■椅子

 画像を見てまず椅子が見えたという人の強みは、人生に対するユニークな見方だ。独特な考え方は問題解決の助けになり、落ち込んでいる人々には救いとなるだろう。視点を変えることが得意で、ユニークな発言で周囲を明るくするタイプである。

 だが、このタイプにも欠点はある。怠け者で、一つのことに長く集中できないことだ。どんなことにもすばらしいアイデアを提供できるのに、あっという間に興味を失ってしまうのだ。
(編集部)
※イメージ画像は、「Thinkstock」より

※イメージ画像は、「Thinkstock」より