大会第7日、9種目でメダルが決まる

 平昌五輪第7日は15日、9種目でメダルが決まる。

 日本勢で注目はカーリング。14日に予選ラウンド初戦を白星発進した女子のLS北見は、デンマーク、韓国と2試合を戦う。本橋麻里、吉田姉妹ら注目の選手が揃う。男子のSC軽井沢は予選ラウンドでイギリスと対決する。

 女子アルペンスキー女子大回転に石川晴菜、クロスカントリースキー女子10キロフリーに石田正子、スピードスケート男子1万メートルに土屋良輔、バイアスロン男子20キロ個人に立崎幹人がメダルを目指し、出場する。

 また、フィギュアスケートでは個人戦で最初のメダルが決まるペアのフリーが行われる。(THE ANSWER編集部)

本橋麻里【写真:Getty Images】