しつこく内容のないトークを送ってくる人、以前は仲が良かったけれどもう連絡を取りたくない人、スタンプをゲットして不要になった公式アカウント……。我慢してトークを受け取っているくらいなら、ブロックしてしまうとスッキリするかも。今回は、友だちをブロックしたらどうなるかを説明します。
○友だちをブロックする、ブロックを解除する

友だちをブロックするには、まずLINEの「友だち」画面を開き、ブロックしたい友だちを左にスライドします。すると「ブロック」メニューが表示されるので、それをタップします(iPhoneの場合)。Androidでは、ブロックしたい友だちを長押しすると、「ブロック」メニューが出てきます。

一度ブロックしたものの、その相手と再度つながりたい場合は、「ブロック解除」することができます。LINEの「その他」にある設定から、「友だち」という部分をタップすると、「ブロックリスト」が出てきます。ブロックリストを表示し、ブロックを解除したい友だちの「編集」ボタンをタップ。すると「削除」か「ブロック解除」という選択肢が出てくるので、「ブロック解除」を押せばブロックを解除できます。

そこで「削除」を選ぶと、ブロックを解除することができなくなり、あらためてID検索などの「友だち追加」の作業が必要となります。

○友だちをブロックするとどうなるの?

相手をブロックするとき、その事情はケースバイケースですよね。はっきりと絶縁宣言したい場合は、ブロックしたことを相手に知られてもいいのですが、さりげなく距離を置きたい相手には、ブロックしたことをうやむやにして穏便に済ませたいもの。でも心配は無用です。LINEをブロックしても、相手に「ブロックされた」という通知は届きません。

自分のLINEでブロックした友だちは、「友だち」画面に表示されなくなります。相手とのトークルームは残り、「ブロック中」という表示がトーク画面に出るようになります。相手からトークが来ても通知は自分に届かず、新たに送られてくるトークの内容も読めません。相手から見た場合、新たに送ったトークは「未読」のまま。ブロックした相手への通話、ホーム画面の表示、タイムライン投稿も見ることができなくなります。

ただし、同じグループトークにブロックした相手が入っていると、ブロック前と同様、そのグループトーク内では、ブロックした人のトークが表示されます。もしブロックした人のトークを絶対に読みたくないという人は、グループを退会しましょう。
(鈴木朋子)

画像提供:マイナビニュース