どんな人を好きになるかはその人の自由といえど、未成年と関係を持つことだけは法律的に許されていない。しかし世の中には幼い女性が好きという性癖を持っている人もいて、芸能人の中にもそんな嗜好を持つ人が。


●安田大サーカス・クロちゃん

 1月21日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、有吉弘行(43)が安田大サーカスのクロちゃん(41)に対して「32歳の綺麗な女性と、15歳の学生どっちがいい?」と質問をしたエピソードを話していた。するとクロちゃんは「15歳の学生」と即答し、続けて聞かれた「15歳のブスと、6歳のかわいい子」という質問には悩んでいたのだという。

 そこで今回は、クロちゃんのような“ロリコン疑惑”がある芸能人を紹介していこう! あくまでも疑惑であって、本当にそうなのかはわからないが、そうとられてもおかしくない発言をしてしまって世間をざわつかせてしまった人たちということである。


●ペナルティ・ワッキー

 まずはペナルティのワッキー(45)。ワッキーは2007年に2歳年下の女性と結婚をしているが、バラエティ番組でとんでもない性癖を告白したことが。

『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の企画で、出演者が好きな女性タレントの名前を挙げていった際、ワッキーは板野友美(26)をはじめ、平野綾(30)や山本梓(36)などをチョイス。その理由についてワッキーは、板野の幼児体型が好みだと喋ってしまいドン引きされることに。しかしその後も“幼児体型”を連呼し、視聴者からもかなり引かれていた。

●ロッチ・コカドケンタロウ

 続いてはロッチのコカドケンタロウ(39)。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「同居芸人」という企画で、以前同居していた相方の中岡創一(40)とともに出演した際、中岡がコカドの部屋からこっそりエッチなDVDを借りようとしたというエピソードを披露。

 そして中岡はコカドの部屋から「極度のロリコンDVD」を見つけたと話してしまった。すると笑われるどころかスタジオはドン引きで静まり返ったため、あわてて「極度ではない」とコカドと中岡が揃って否定を繰り返すことに。コカドは「俺が損するだけの話」と中岡の思わぬ暴露を責め立てていた。

 最後はイケメン俳優の岡田将生(28)。岡田は2012年公開の映画『ひみつのアッコちゃん』に出演した際に、当時12歳の子役・吉田里琴(現・吉川愛/18)に「愛しくて愛しくてしょうがない。一緒に住まねえ、俺と」「何でもするよ?」とマジトーンで告白していたことがある。

 この時のVTRが『王様のブランチ』(TBS系)で紹介されると、スタジオの女性たちは「えぇー…」と驚きの声を漏らしたため、岡田は必死に自身の発言を「お父さん的な感覚なんですよ」と弁解。しかし恋愛対象の年齢を聞かれると明らかに動揺してしどろもどろになっていた。さらに別のインタビューでも吉田との仲の良さについて尋ねられると、「僕は本当に里琴ちゃんに恋をしていたので、全然イケますね」と意味深な発言。女性からはドン引きされたが、この発言によって岡田は多大なネット人気を獲得している。

(文=ヤーコン大助)
画像は、「クロちゃん」公式Twitterより

画像は、「クロちゃん」公式Twitterより