五輪史上初の連続4回転成功…世界のファン称賛「凄まじいポテンシャルがある」

 平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は2本目に五輪史上初の連続4回転を成功させ、95.25点をマーク。14年ソチ大会に続く銀メダルを獲得した。3本目でショーン・ホワイト(米国)に逆転されたが、海外から「ヒラノは私の金メダリスト」「ヒラノは史上最高」「凄まじいポテンシャルがある」と世界から称える声が出ている。

 最後までクールだった。97.75点の大飛翔で逆転Vを決め、嬉し涙を浮かべたホワイトを穏やかな表情で見つめると、平野は祝福の抱擁を交わした。

 歴史的な名勝負だった。平野は2本目に歴史的な偉業を達成した。五輪史上初の「ダブルコーク1440」連続成功など、95.25点で2本目終了時点でトップに。しかし、06年トリノ、10年バンクーバー大会で金メダル2度の王者ホワイトも黙っていなかった。2連続の4回転を決め返し、平野は最後の最後に逆転されてしまった。

 2大会連続で銀メダルに終わった19歳だが、ツイッター上では世界中から称賛と恍惚の声が届いた。

歴史的名勝負に感動の声「決勝のレベルは荘厳」「ホワイトとヒラノに絶叫」

「アユム・ヒラノは私の金メダリスト」「金メダルが相応しい」「表彰台で笑顔を見せないアユム・ヒラノは史上最高」「可愛い。もっと彼を見たかった」とファンのハートをわしづかみにした様子だ。さらに「今日のヒラノを見れば、次のジェネレーションが到来したことがわかる」「アユム・ヒラノ! あなたはちょうど新しいファンを手にしたところよ」と19歳の将来に期待する声が上がった。

 ショーンとの名勝負については「決勝のレベルは荘厳。私は完全に圧倒された。ホワイトとヒラノに絶叫した。信じられないよ」「もし、ホワイトが相手でなければ、ヒラノが優勝していた。31歳のショーンは最後の五輪になるはず。アユムはまだ19歳。銀メダルを獲得した彼には凄まじいポテンシャルがある」「スノーボードはクレイジーだ。ヒラノはほぼ完璧なランを見せた。でも、ホワイトのランはほんの少しだけ完璧だった」と唸る声が続出していた。

 19歳と31歳。ひと回り年齢の異なる、2人の天才が平昌で繰り広げた歴史的な名勝負は、海外で感動を呼んでいた。(THE ANSWER編集部)

平野歩夢【写真:Getty Images】