15年育成ドラ1で入団の右サイドハンド野澤「まずは背番号を1桁減らしたい」

 楽しみな素材が集まるA組の門をいた。ソフトバンク宮崎キャンプ。11日からスタートした第3クール寺原隼人笠原大芽、俊介、そして注を集めている育成選手長谷川に加え、もう1人、育成選手がA組昇格を果たした。

 それが、今季で3年を迎える野澤投手である。

 2015年の育成ドラフト1位でつくば秀英高校からソフトバンク入り。1年は結果が出なかったものの、2年に大きく変貌を遂げた。マリナーズの守護エドウィン・ディアス投手動画を参考に、ストレートの握りをそれまでのフォーシームからツーシームに変更。すると、制球が安定し、しかも手元で動くボールが抜群の威を発揮した。

 育成選手ながら、2軍中継ぎの一を担い、ウエスタリーグ42試合に登板44回1/3で2勝1敗1セーブ防御率1.02の好成績をマークした。っ直ぐは全てがツーシーム。昨季途中には“汚いっ直ぐ”として紹介した。その右腕のっ直ぐが一越え、さらに威を増した。

「去年にべて、変化の量が大きくなりました。コントロールするのは難しくなっていますけど、まだ時間はあるので慣れていけたらいいです」

 昨季までの“汚いっ直ぐ”が、このキャンプでは“汚すぎるっ直ぐ”になっているのだという。

シート打撃はB組で登板「A組の方々が危ないから(笑)

 キャンプでは初日から連日、ブルペン入り。打撃投手での登板なども含め、12日までブルペン皆勤賞”だった。「去年、打たれたのは、高めにいって変化しなかった棒球になったボール。細かいコントロールはないので、高め、低めの2分割で低めにいくように意識してやってきています。低めに行けば、変化するっ直ぐなので」。キャンプインはB組だったが、第3クールからついにA組昇格を果たした。

「A組の選手たちと練習出来て、教えてもらえることもたくさんある。そういう選手たちに追いつかないといけないし、追い抜かないと1軍では投げられないと思っているので、色々聞いて学んで、く上で投げられるようになりたい。まずは、背番号を1桁減らしたいですね」

 多少の荒れ球もまた、野澤の武器。シート打撃はB組での登板となったが、これも本人いわく「A組の方々が危ないから(笑)」なのだとか。となれば、野澤がA組の実戦マウンドに立つのは、紅白戦か、対外試合か。140キロ台の動くストレートを武器に、背番号129はいかなるピッチングを見せてくれるのか。そして、期の支配下昇格はなるだろうか。(福介 / Yusuke Fukutani)

今季で3年目を迎えるソフトバンク・野澤佑斗【写真:福谷佑介】