栃木SCは14日、2018シーズンのキャプテンと副キャプテンが決定したと発表した。

 キャプテンは5年連続でFW廣瀬浩二が務める。現在33歳の同選手は2010年から栃木でプレーし、昨季は明治安田生命J3リーグで13試合に出場して2得点を挙げた。

 廣瀬は「2018シーズンのキャプテンに任命された廣瀬浩二です。チームが少しでも良くなるために、全力を注ぎたいと思います。今季で5年目となりますが、まだまだ確固としたキャプテン像を模索中なので、チームメイトの力を借りながら、自分にしかできない役割を果たし、選手、チーム、クラブそして栃木SCに関わる全ての皆さんが大きく成長できる1年になるよう頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします」 とコメントしている。

 また、副キャプテンには2選手が就任。それぞれ、以下のようにコメントしている。

■MF菅和範
「チームの勝利を一番に考えて、チームのためになることを自分らしくやっていきたいと思います」

■DF坂田良太
「副キャプテンとして浩二さんを支えていきます。チームの一体感を大切に、どんな時も前へ進み続けたい思います。よろしくお願いします」

 明治安田生命J2リーグ復帰を果たした栃木は今月25日、第1節で大分トリニータをホームに迎える。

廣瀬浩二が栃木SCのキャプテンを継続 [写真]=Getty Images for DAZN