食習慣の多様化により、パンパスタなど日本人食も多様化した。しかしそれでも、日本人にとって不動の食がご飯であることには変わりない。中国メディア今日頭条は8日、「どうして日本人は、何でもかんでも食べ物に米飯を添えるのか 相は実に簡単なものだった」とする記事を掲載した。

 記事は、中国でも人気のある日本グルメドラマ孤独のグルメ」において、主人公井之頭五郎がどんな食べ物でもご飯と一緒に食べる傾向が見て取れると紹介。「ギョウザにしてもラーメンにしてもご飯が一緒。この組み合わせは、多くの中国人が理解に苦しむはずだ」としている。

 また、「日本語には、ラーメンライスという言葉がある。日本ラーメン店には十中八九『ラーメンご飯』というセット品が存在するのである。これは、1杯のラーメンではおが満たないという客に配慮したもので、2杯はちょっと多すぎるなという場合にご飯が最良の選択となるのである」と説明した。

 さらに、「日本の多くのラーメンは各種のスープから成り立っており、そのスープの味は濃いめである。となれば、ご飯こそが最高の相棒となるのだ。札幌ではラーメンスープに炒めた野菜を加え、それを飯の上に掛けるという『味噌丼』という食べ方があるという」と解説している。

 記事はこのほか「日本人米飯に対して異常なまでの着を持っている。日本では米飯とおかずがってこその『ご飯』であり、米飯はどんなおかずにも組み合わされるのだ。日本でいう食は米飯のみであり、他のものはみんなおかず扱いなのである。それゆえ、日本ではラーメンでもギョウザでもトンカツでも、米飯を組み合わせるのだ」と論じた。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

足りなきゃ2杯食べたらいいのに・・・どうして日本人は、ラーメンにライスを付けたがるのか=中国メディア