どれだけをしたとしても、「いま」大好きな人は、世界でたったひとりだけ。願いがうのであれば、ずっとずっと一緒にいたいですよね。そこで今回は、長続きカップルを調し、長続きするための心得をまとめました。


■思ったことはできるだけ共有

毎日いろんなことを見たり、聞いたり、そして感じたり。そのひとつひとつを、どれだけ彼に伝えていますか?ある程度付き合いが長くなってくると、「言わなくてもわかってくれてる」と思ってしまいがちです。
たしかに、長く付き合えば、付き合うほど、言わなくてもわかってくれることは増えてくることでしょう。でも、「好き」「愛してる」という気持ちは、わかっていても聞きたいものだと思いませんか?
これと同じく、嬉しかったり、イヤだったり、もっとこうしてほしいといった気持ちも、共有していくことが大切です。人は変化するもの。同じことが起こったとしても、いつも同じ感情を抱くとは限りません。
何度伝えた気持ちだったとしても、いま思っている気持ちを、できるだけ多く共有することが、お互いを知ること、そして、信頼や情に繋がるのです。


■彼の気持ち<自分の気持ち

「彼のためになにかしてあげたい」「彼が自慢できる彼女になりたい」「彼が幸せになるために生きたい」彼氏のことが大好きだと、こんなふうに思うこともあることでしょう。
でも、彼が好きになってくれたのは、いままで自分らしく生きてきた「あなた」ですから、付き合ったからといって、彼氏専用の女性ガラッと代わる必要はありません。
彼がどう思っているかどうかをメインに自分を作り変えてしまうと、上辺だけの情しか手に入らず、まるで演劇のようなになってしまうことも…。
「私が彼を好き」という自分の気持ちがまず基本です。「彼がこう思っているから、私はこうする」ではなく、「私がこう思っているから、彼にこうする」という付き合い方で付き合えば、よりよい付き合い方ができ、結果、心地よく長続きできるはずです。


■自分を演じない

しも理想のはあるものですが、理想のでなければ、幸せになれないと思い込んでいるなら要注意。理想のを追いかけてしまうと、理想のデート、理想の彼女、理想の愛し方…などなど、どんどん自分を演じてしまう危険があります。
その場その場では、いいをしていると感じたり、これ以上ないカップルになれた気がしたりするかもしれません。でも、どんなに理想的な恋愛にして自分を飾っても、本当の自分でなければ、意味がない、虚しいだと思いませんか?
彼氏にいいところを見せようと頑りすぎる場合もあるでしょう。でも長続きをすのであれば、お互いのためになりません。あなたは、自分らしく彼に接することができていますか?


■おわりに

長続きするためには、強い情が必要です。この気持ちは、自分が心の底から自然に湧き出てくる感情であると同時に、1日1日、ふたりで一緒に培うもの。飾らない自分の気持ちを彼に伝えて、彼と対等に向き合い、代わりの見つからない関係を構築していきましょう。(織留有沙/ライター
(ハウコレ編集部)

ムリしないのがイチバン。彼と長続きするための3つの心得