ジャパンモード株式会社(代表取締役 保科孝 足立区 以下JM)は、城西大学(学長 晶)と共同で、世界で初めてとなるがん患者の症状に合わせた食事メニューデータベース化、日々の献立に苦悩している患者やその家族向けにWebでの提供を行う。合わせて、昨今盛んな健康食品(サプリメント)と剤、及び食事との食べ合わせについてもデータベース化し、用患者向けに提供でも簡単に検索する仕組みをミツイワ株式会社(代表取締役 羅本礼二 以下ミツイワ)が構築するクラウドシステム提供する。


JMは、ヘルスケア業界を中心に特許モデルにて様々な問題解決を図る企業である。今回開発したシステムAIHS(アイヘス)は、城西大学が保有する『食品‐医薬品相互作用データベース』を良し、解り易くWeb提供する事から始まった。しかし、この機以外にも様々な情報を保有している事が分かり、JMがブラッシュアップし、ミツイワが構築する開用データベースクラウドシステムにて提供する事で事業提携を締結した。その特徴は
1. 管理栄養士を育成しながら学をも修得させている城西大学のカリキラム活用し、がん患者及びその介護家族が、日々悩んでいる食事のメニューについて開する。
2. そのメニューも、城西大学学生やOBから広く募し、きめ細かく症状に合わせたメニュー開発を行う。
3. 将来的には、ヘルスケア機器メーカーと連携し、薬局病院を訪問する患者のバイタルデータと合わせたメニュー提案やと食事の食べ合わせの注意喚起、病院食や介護食への新なメニュー開発、外食・中食業界への介護メニュー提供などを検討する。

[お問合せ先]
ジャパンモード株式会社 代表取締役 保科
東京都足立区千住町38-1 東京電機大学千住アネックス館0406
tetsukawa77@gmail.com
03-5284-8025


城西大学(広報課)
埼玉県坂戸市けやき台1-1
49-271-754

ミツイワ株式会社IoTビジネス営業部)
東京都渋谷区渋谷3-12-18渋谷東急ビル
03-6982-143

配信元企業:ミツイワ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ