2018年2月20日から、鹿児島市内を「京急」の電車が走っていると話題になっている。これは羽田空港国内線ターミナル駅の開業20周年を記念して、京急電鉄企画した「京急ラッピングトレイン」だ。鹿児島市電9000形電車車両に、京急電鉄の看板車両「2100形」のカラーリングを採用した全面ラッピングが施されている。

ツイッターには速、実際に見た人から写真付きのツイート投稿されている。

京急カラー鹿児島市電」「......新鮮味を感じますな」

ツイッターに寄せられた報告を見てみよう。

今日から鹿児島市電で運行を開始した京急ラッピング。沿線から遠く離れた地で京急塗装をした車両を見ると、新鮮味を感じますな。 pic.twitter.com/OIHRsIHVMM
- もっちゃん (@mocchan_3006) 2018年2月20日
2080レ ED76-83
その後間もなく京急ラッピング鹿児島市電
ウチの子が京急電見て不満げだったらしく、理由を聞いたら
ドレミファインバーターじゃないから」と 。 pic.twitter.com/LhjedrGzmH
- やぶぅ3/4鹿児島RD (@yabutora1970) 2018年2月20日
鹿児島市電京急ラッピング電車が!
120㌔の爆走は期待できませんが() pic.twitter.com/LfIEpvTVSl
- KS115 (@efWING7200) 2018年2月20日

「沿線から遠く離れた地で京急塗装をした車両を見ると、新鮮味を感じますな」「鹿児島市電京急ラッピング電車が!」などというコメントも、やや奮気味だ。

京急カラー鹿児島市電pic.twitter.com/riBKLwwHsv
- ヨゾラ (@yozora99) 2018年2月21日
京急元行き#京急 #鹿児島市電 pic.twitter.com/REsIGOKWJ1
- DDG-163:あまつかぜ (@ij4_ddg163) 2018年2月21日

京急カラー鹿児島市電」「京急元行き」といったコメントも......。鹿児島市民の反応はなかなか良さそうだ。ラッピングトレインの運行区間は、山~鹿児島前間の1系統、元~鹿児島前の2系統の全線で、期間は約1年だ。

なお同様の企画が、長崎でも2月10日から行われていた。長崎では「長崎電気軌道」の車両が「京急ラッピングトレイン」となった。

2/10(土) 長崎電気軌道 ラッピング広告(カラー電車)施工 浜口
長崎に登場した京急電車全面ラッピング車両
京急創立120周年とかけたのか、1200形1203号を使用しております
同形式にはヤクルト電車(1202号)もいますので賑やかになりそうです
営業運行は本日から1年間を予定 pic.twitter.com/Gb8MWUyxbi
- ひよこ閣下 (@puyogyuudon) 2018年2月10日
長崎電気軌道は、京急電鉄のPR事業の一環として、今日2月10日
京急電鉄2100形ラッピング車両を運行開始しました!
その大役を担うのは、1200形 1203号
運行期間は約1年を予定しているそうです。
長崎住み京急ファンとしてはたまりません?
長崎今日でしたが、軽ーくテスト撮影してきました^^ pic.twitter.com/OcKAmHy2dV
- かわくま@京急×長崎電鉄 (@kawakuma1259) 2018年2月10日

京急創立120周年とかけたのか、1200形1203号を使用しております」「長崎住み京急ファンとしてはたまりません」といった報告が届いている。

京急電鉄では、今後も全各地のモノレール路面電車ラッピング車両を運行する予定。2017年10月大阪伊丹空港アクセスする大阪モノレール大阪高速鉄道)に登場し、好評だった。


「鹿児島市電」で運行する全面ラッピング車両イメージ(京急電鉄プレスリリースより)