ナガサキ工業株式会社(所在地:愛知県名古屋市緑区鳴海町社若47番地、代表:長崎洋二)は、アイアンの特性を活かした、大人のためのBBQギアブランド「flames」を立ち上げ、キューブ型のBBQグリルや、カート付きシェルフ、チェアサイドテーブルをはじめとする全10商品を、2018年4月2日(月)に発売開始いたします。

flames(フレームス)は、鉄素材を知り尽くした老舗金属加工メーカーが手がける、一生もののBBQギアブランドです。ブランドデビューに伴って発表する10商品でflamesが提案するアウトドアスタイルは「ロースタイルBBQ」。地上高300mmが叶える、新しいリラックスレイアウトを実現するために、アイアン素材の特性と美しさを最大限に発揮するBBQギアを開発しました。

■flamesが提案する「ロースタイルBBQ」
食と会話を純粋に楽しむため、あえてメインテーブルをなくし、全員で火を囲むスタイルに。flamesが提案する「ロースタイルBBQ」は、食材が焼き上がるライブ感と、そこに溢れる楽しい会話を共有できる、新しいBBQコミュニケーションスタイルです。一般的なBBQスタイルは、テーブルやチェアを並べてくつろぐスペースと、コンロがある調理スペースが離れ、調理を担当する人が話の輪から外れてしまいがちでした。しかし、この「ロースタイルBBQスタイル」は、低めのBBQグリルを中心に、調理をする人も輪に入り、皆でBBQを楽しむことが可能になります。グリルに加え、ローチェアに高さを合わせたチェアサイドテーブルや、食材やアウトドアギアを収納するシェルフなどがラインアップ。flamesは、“人と人との距離を縮め、屋外での食事の醍醐味を存分に満喫する”、新しいBBQスタイルを提案します。

■BBQシーンでアイアンがもたらすメリット
今シリーズのメインとなるBBQグリルは、焼き網ではなく9mm厚の鉄板を使う仕様になっています。鉄は厚いほど保温力が高く、食材に均一に熱を与えながら、ゆっくり、じっくりと火が入るという特性があります。食材を置いても温度が下がりにくく、食材のうま味を芯から引き出してムラなく均一に焼くことができるため、初心者でも肉や野菜をおいしく焼くことができるのが大きな特徴です。
また、グリル本体に使用した鉄材の厚みは2.3mmと、一般的なグリルに比べて厚めの設計です。度重なる使用でも変形しにくく、手入れをしながら末永く使い続けることができます。強風でも倒れにくい安定感があり、熱に強く、さらに長く使い続けることができるアイアンの特性を最大限に活かした、スマートなBBQギアを揃えています。

■ナガサキ工業株式会社について
鉄という素材の特性を最大限に活かしたflamesシリーズを開発するのは、愛知県に本社を置く、昭和10年創業の老舗金属加工メーカー「ナガサキ工業株式会社」。鉄の切断から鍛造、プレス、曲げ、孔明、溶接までを一貫生産しています。特に厚板の曲げ加工を得意とし、電力会社向けの架線金具や、フォークリフト用部品の製造なども手がけています。
flamesシリーズは、鉄を知り尽くしたナガサキ工業が、設計から加工、仕上げまであらゆるノウハウを活かして製造しています。長年、鉄を使った工業製品を作り続けてきた職人のこだわりが詰まった美しい質感や丁寧な仕上げは、老舗メーカーならではのクオリティです。

■製品ラインナップ
flames low style BBQ grill 34,800円
flames 9mm iron plate standard 9,800円
flames 9mm iron plate slits 12,400円
flames air damper 5,500円
flames chairside table 9,800円
flames cart & shelf 54,800円
flames shelf 39,800円
flames wood boards 15,800円
flames wood boards for DIY 9,800円
flames BBQ gloves 1,480円
※掲載の写真は開発時のもので、実際の仕様とは異なる場合があります。
※上記価格は税抜で、いずれも予定価格です。

《発売元》
ナガサキ工業株式会社
所在地:愛知県名古屋市緑区鳴海町社若47 TEL:052-680-8555
flames ブランドサイト https://flames-jp.com(4/2より発売開始予定)
ナガサキ工業株式会社 公式ホームページ:http://www.nagasaki-i.co.jp/

《取材依頼・記事掲載・商品素材についてのお問い合わせ》
ナガサキ工業株式会社 製造部 flames広報担当 松永 裕詳
TEL:052-680-8555 E-mail:info@flames-jp.com

配信元企業:ナガサキ工業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ