とうとうやってきた花粉の季節。「あたたかいは嬉しいけど花粉症はイヤ!」という人が年々増加しています。花粉黄砂鼻水のかゆみだけでなく、肌荒れなどの肌トラブルの原因になることもあるんです。花粉黄砂から肌を守るにおすすめのスキンケアをご紹介致しましょう。

1.まずはしっかり「落とす」こと!


TORWAISTUDIO/Shutterstock.com

花粉黄砂は洋だけでなく、肌にもたくさんついています。

まずは「落とす」ケアから始めていきましょう。

お風呂に入る時にメイク落とし・洗顔も行う」という人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、肌に長く花粉黄砂を付着させておけば、花粉症の症状や肌トラブルを悪化させる可性もありますよ!

できれば、帰宅後すぐに洗顔するのが理想的!

添加・低刺処方のデリケートな肌にも安心のクレンジングや洗顔料を利用し、花粉をすっきり洗い流していきましょう。

 

2.保湿ケアは入念に!


Boszyy Artist/Shutterstock.com

レンジング・洗顔後の肌は燥した状態です。

そのまま放置すれば、花粉によって発症した肌トラブルを悪化させてしまうかもしれません。

あたたかいも保湿重視のスキンケアを心がけてください。

 

花粉黄砂によって肌のコンディションが不安定になっている時は、いつもより低刺性のアイテムを使うのがベスト

化粧液、保湿クリームをたっぷり使い、保湿を高めるケアをしてみてくださいね

花粉症の時期は、鼻のかみすぎで鼻周りがヒリヒリしてしまうことも多々。

く炎症を起こしている鼻周りは、ワセリンでの保湿をおすすめします。

 

3.外出先でも花粉ケア


Juergen Faelchle/Shutterstock.com

帰宅後のスキンケアだけでなく、外出先でのケアも加えて、花粉黄砂による肌荒れを少しでも軽減していきましょう。

外では手軽に顔を洗うことはできません。

その分、こまめにコットン花粉黄砂を拭き取っていきましょう。

この時、いたコットンを使うのではなく、液やコットンを湿らせ、こすらず優しく拭き取っていくのがポイントです。

 

4.普段のメイクにも注意する


Olena Yakobchuk/Shutterstock.com

「外での花粉ケアの度にメイク直しをしなくちゃならないの?」と思う方も多いはず。

化粧下地にコンシーラー

リキッドファンデーション、おしろいなど、ベースメイクを細かくお直しするのは大変です。

 

花粉シーズンマスクを着用することも多くなりますので、普段からパウダーやおしろいなどのナチュラルメイクにしておくことをおすすめします。

ナチュラルメイクであれば、お直しも簡単!

お湯で落とせるような低刺性のコスメを選び、肌荒れを起こしやすいデリケートなシーズンを乗り越えていきましょう。

 

 

花粉症シーズンは外に出たくない!という人も多いかもしれません。

花粉黄砂による肌荒れを軽減するためのスキンケアを意識し、肌を労わるケアで健やかな肌をしていきましょう。

 

関連記事

・なんとかしたい…!いちご鼻のメカニズムと対策方法を徹底解説

・【忙しい朝に】拭くだけで洗顔から化粧下地まで出来ちゃうオールインワンシートが凄い!

・プツッと出来た憎いやつ!ニキビを目立たせずにメイクする方法って?

花粉・黄砂などのストレスから肌を守る!春のスキンケア4つ