国際ニュースチャンネル「RT」と契約 4日間で2億5000万円の報酬を手にする予定

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間5日、リーグ第29節クリスタル・パレス戦で0-2のビハインドから巻き返して3-2と逆転勝利を収めた。“赤い悪魔”を指揮するジョゼ・モウリーニョ監督はこのたび、6月に開催されるロシア・ワールドカップ(W杯)を放映するニュースチャンネルと契約を結んだ。日給40万ポンド(約5900万円)を手にすることが決まり、「すでにロシアW杯で勝者になることが保証されている」と英紙「デイリー・メール」が報じている。

 モウリーニョ監督の下には、英公共放送「BBC」や英放送局「ITV」から熱心な誘いがあったという。しかし、ポルトガル人指揮官はロシアの国際ニュースチャンネル「RT」との契約を決断。6月のロシアW杯期間中の4日間、仕事に携わることになった。

 驚きなのは契約料だ。記事によれば、4日間で171万ポンド(約2億5000万円)、1日換算で42万7500ポンド(約6300万円)以上の報酬を手にする予定だという。

 また、W杯最終日にはユナイテッドとの衛星放送を介して仕事をすることが決定。モウリーニョ監督は「RT」のW杯宣伝映像にも出演している。

 2014年の南アフリカW杯ではポータルサイト「ヤフー」のために意見を提供することで、100万ポンド(1億5000万円)以上を手にしたとされるが、今回はそれ以上の大きな功績を上げることになるだろうと伝えられている。今回の契約について「ロシアW杯に参加すること、そして私の洞察力を分かち合うことを楽しみにしている」とコメントしたモウリーニョ。大会期間中にどんな話題を提供してくれるのか、今後の動向に注目したい。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

モウリーニョ監督がW杯期間中に“副業” 大手ニュース局と日給6300万円の契約締結