バルセロナスペイン代表MFセルジ・ロベルトが、1年前のパリ・サンジェルマンPSG)戦で決めた奇跡の逆転ゴールについて振り返った。地元のラジオ局『RAC1』でった内容を、スペインマルカ』などが9日に伝えている。

 2017年3月7日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、バルセロナPSGと対戦。ホームで6-1の大勝を収め、0-4で敗れたファーストレグのビハインドを大逆転した。S・ロベルトは、後半アディショナルタイムに劇的な逆転ゴールマークファーストレグ4点ビハインドからの逆転劇はCL史上初の快挙で、同選手は奇跡的な勝利の立役者となった。

 S・ロベルトは、サッカー史に残る偉業達成の間を以下のように振り返っている。

「あんな結末を迎えるなんて、も想像してなかった。少なくともPSGゴールを決められた後はね。みんな諦めかけていた。ネイマールクロスに反応できたのがで、幸いオフサイドにもかからず、思いっきり足をのばした。ボールが少し浮いたから、ゴールネットに吸い込まれるまではゴールになると信じられなかった」

「あの時は何も考えてなかったし、とっさに身体が動いた。できることを全でやった。ボールがあまり浮かないように、強く足を振らないことだけを心掛けていた」

はあまり多くのゴールを決めないけれど、あの間には決められた。残念ながら、優勝することはできなかったけれど、いつまでも記憶に残るものだ。は生のクレ(バルセロナファン)だから、バルセロナユニフォームを着て、カンプ・ノウでゴールを決めることは二のことだ」

「生活は変わらないけれど、ファンはあのゴールを覚えていてくれる。逆転ゴールを決められたことには満足しているし、ファンがあのゴールのことを思い出してくれるのも嬉しいことだ」

「あの日チームが成し遂げたことはも想像していなかったし、またああいう体験をするのは難しいだろうね」

(記事/Footmedia

劇的な逆転弾を決めたS・ロベルト(写真は2017年のもの) [写真]=Getty Images