台湾メーカーのBenQはこのほど、最新技術を搭載した庭向けプロジェクターTK800」を発表した。

4K、しかもHDR(ハイダイナミックレンジ)対応で、リアル映像を楽しめるというもの。色鮮やかさに加え、大音量も出る「スポーツモード」が用意されていて、テレビスポーツの試合観戦をする人に特にお勧めという。

・本物の色彩を再現

テレビだけでなく最近はプロジェクターでも「4K」が当たり前になりつつある。そして次に重要なキーワードとなるのが「HDR」。端的に言うと、映像の明暗差をよりダイナミックに再現する技術で、本物の色彩を忠実に再現できるのが特徴だ。

この技術を搭載することにより、BenQは「庭のリビングの照明の下でも、TK800で色鮮やかな映像を楽しむことができる」としている。

・複数の音響モード

また、音質にもを入れていて、5Wオーディオで幅広い音域に対応。「サッカー」「スポーツ」「映画」「音楽」などのモードを用意し、それぞれにあったサウンドを楽しめる。

解像度はというと、4K UHD830万ピクセル。投写はDLP方式となっていて、度は3000ルーメンスクリーンサイズ30300インチとなっている。

TK800の大きさは35135×272mm、重さ4.2キロと庭用サイズだ。4月にも発売され、価格は1500ドル(約16万円)を予定している。

BenQ

BenQ のHDRサポート新4Kプロジェクター「TK800」はスポーツファン向け!