C大阪のGKキム・ジンヒョンが主審に主張して試合が一時中断

 J1第3節の柏レイソル対セレッソ大阪戦で会場が騒然となった。C大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンと柏サポーターが口論となり、試合が一時中断。柏のMF大谷秀和が本拠地サポーターの元に駆け寄り、試合中に話し合いを行う異例の事態が起きている。

 柏の本拠地で行われていたC大阪戦で、問題の場面は後半35分に発生した。C大阪のGKキム・ジンヒョンがゴールキックを蹴ろうとした際、突如として後ろを向いて怪訝な表情を浮かべ、そのまま両手を広げて主審に何やらアピール。両手で目元を吊り上げる仕草を見せ、野次や差別的行為があったと主張したようだ。

 山本雄大主審がキム・ジンヒョンの元に駆け寄って話を聞いてなだめると、すぐに審判団と協議。キム・ジンヒョンは怒りが収まらず、指を指して口論するなど一触即発となった。だがここで柏のMF大谷が仲裁に入り、サポーターの前に立って直接話し合いを行い、事態は沈静化した。

 キム・ジンヒョンが主張した行為があったかは不透明ながら、試合中に選手とサポーターが話し合うという珍事が注目を集めている。


(Football ZONE web編集部)

C大阪のGKキム・ジンヒョン【写真:Getty Images】