2018明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、柏レイソルセレッソ大阪が対戦した。

 試合はい時間に動く。4分、敵に押し込んだは、江坂任のスルーパスで伊東純也がペナルティエリア内右に抜け出す。最後は伊東からの折り返しゴール前に走り込んだクリスティアーノが右足で決めて、が先制した。

 その後は1点を追いかけるC大阪が押し気味に試合を進めたが、GK中村の好セーブもあり、前半は1-0のまま折り返す。それでも60分、中盤でボールを奪ったソウザがやや距離のある位置から右足を振り抜くと、このシュートゴール右上に突き刺さり、試合は振り出しに戻った。

 その後は両チームゴールを狙ったがスコアは動かず、試合はこのまま1-1でタイムアップはこれで1勝1分け1敗、C大阪は3戦連続ドローとなった。

 次節、は18日にガンバ大阪と、C大阪は同日にヴィッセル神戸と、それぞれアウェイで対戦する。

スコア
柏レイソル 1-1 セレッソ大阪

【得点者】
1-0 4分 クリスティアーノ(
1-1 60分 ソウザ(C大阪

柏レイソルとセレッソ大阪が対戦。互いに譲らずドローに終わった [写真]=J.LEAGUE