この人、何かあるな――。そんな風に、他者の“闇”を感じるのは、その人が他人には見せていないであろう「暗さ」にふれたときではないでしょうか。

ホントはやめてほしい! 男性に聞いた「正直“イラッ”としている彼女の行動」5つ

今回はアラサー男女に、「恋人に闇を感じた瞬間」について尋ねてみました。

笑顔から素の顔に戻るのが早い

「前に短い期間付き合っていた彼の話です。すごくいい笑顔をする人だったんですけど、びっくりするくらい早く素の顔に戻るので、はじめのうちは戸惑いましたね。怖いと思いました(笑)。

心から笑ってるのかな、あれはカラ笑顔なのかな、と闇を感じてましたよ」(女性/26歳/メーカー)

一度笑顔になると、一定の時間はその表情が持続するもの。素顔に戻るスピードが、違和感をおぼえるほど早いと、どうしても気になってしまいます。

食べ方が下品

「元カノに品のない食べ方をする人がいました。箸を持っていない方の手は、テーブルの上に置かないんです。基本、下に下げてるんですよ。皿を持ち上げる習慣もないみたいで、犬食いっぽい食べ方がデフォルト。

食べ方が汚かったり、下品だったりすると、育ちや家族に闇を感じますよね」(男性/30歳/放送)

思わずギョッとするほどインパクトのある食べ方は、幼少期に何かダークな出来事があったのかな、と想像をかきたてられます。

極度にヤキモチ焼き

「『今日は飲み会だった』と事後報告すると、『どうして先に言ってくれなかったの?』とキレ気味な彼女。『何か後ろめたいことあるの』『女子は参加してたの』と問い詰めてきて、女子がいるとわかるとヤキモチを焼いてきます。たかがそれくらいで、と驚きませんか?

まだ僕に話していない昔の恋愛で、闇がありそうだなと思いました」(男性/28歳/IT)

何につけても「極端であること」は目につきます。何かあったな、と思わざるを得ない材料に。

まだまだあります、彼氏・彼女に闇を感じた瞬間

同性の友だちがいない

「同性の友だちの影をまったく感じない彼女。話を聞いたこともないですし、遊びに行く予定もまったくないようです。休日は基本僕と一緒にいたがるだけで……。

友だちが極端にいないと、何かあるのかなと思いますよね」(男性/31歳/出版)

「友だちが少ない」のは理解できても、「友だちがゼロっぽい」となると話は別。対人関係における闇を感じるのも無理はありません。

やたら幸せアピールをしたがる

「女性には“〜で幸せ”という表現を使う人は多いですが、男性だと珍しいような気がしています。うちの彼がそのタイプで。SNSで盛んに『今が幸せ』だと、手を変え品を変えアピールするんです。子どもの頃、幸せに飢えていたのかな、と感じるくらい」(女性/30歳/IT)

「今が幸せ」と「今」と「幸せ感」を強調する点に、「過去」との対比が浮かび上がります。

極端に深爪

「彼がものすごく深爪な人です。30歳を過ぎてるのに、未だに爪を噛む癖があるんですよね。だから爪の断面がボロボロ。見た目はカッコいい人だから、余計に『どうして?』と思うし、闇を抱えているように思えますよね」(女性/28歳/医療関連)

自分の体の一部を食べる、という一般的な大人がしない行為に違和感をおぼえると共に、イケメンが爪を噛むという、ネガティブなギャップも気になってしまうのかも。

自分の過去の話を避けたがる

「幼少期や学生の頃の話を聞くと、話を逸らしたり、『あなたはどうだったの』とこちらに振ってきたり、『あまり覚えてないなぁ』と流したり……自分の過去を言及したがらない彼女がいました。絶対何かあるパターンですよね」(男性/35歳/自営業)

ある特定のテーマに関して、何が何でも話そうとしない、という頑なな姿勢に闇しか感じません。

闇を感じる瞬間は人それぞれ。あなたも彼氏・彼女から闇を感じられているかも……!?