(C)まいじつ

先ごろ、タレントの辺見えみりが俳優の松田賢二と離婚したことを発表した。

【関連】結婚指輪をしていなかった菊川怜に「離婚説」浮上 ほか

辺見は、2011年に松田と結婚。その2年後には、第1子となる女児に恵まれていた。辺見は過去にタレントの木村祐一との離婚暦があるため今回で離婚は2度目だ。相当な覚悟で離婚を決意したはずだが、その理由は何なのか。

「ひとつ離婚の原因に挙げられているのが、松田が酒が飲めないこと。辺見は酒好きで、『酔っぱらって帰ってきても何も言わない』というのが結婚の条件のひとつだったといいます。子育てがひと段落して控えていた酒を解禁した辺見は、まったく飲めない夫に、『仕事は飲みの席で取ってくるんだよ』と怒ったことが何度もあったとか。ママ友との飲み会でも、酒が飲めない松田のことを愚痴っていたようです」(芸能ライター)

もうひとつ、辺見の金遣いの荒さも離婚原因になったようだ。

 

辺見えみり「事務所移籍」は離婚準備だった⁉

木村も貯金を使い果たされた?

「彼女はブランド好きで、ファッションに関しては金に糸目をつけないとか。最初の夫だったキム兄は『貯金を使い果たされた』と周囲に愚痴っていたという話もあります」(同・ライター)

もともと格差結婚だと言われていたふたり。辺見が2013年にコンセプターとして関わったファッションビジネスは昨年、不調と報じられたものの、それでも芸能活動とコンセプターの収入は夫より多いのは間違いない。

「辺見は昨年12月に実兄が社長を務める辺見プロモーションから大手の『太田プロダクション』に移籍し、芸能活動に力を入れ始めました。結婚、出産で仕事を減らしていた女性タレントが再び表舞台に出始めると、まもなく離婚するパターンは珍しくありません。辺見もそれじゃないかと一部では注目されていましたが、実際に事務所を移籍した時点で離婚を決めていた可能性もあります」(同・ライター)

心機一転したふたりの活躍を期待したい。