2019年度の開通を目指して首都高で建設が進む「小松川JCT」。開通するとC2中央環状線埼玉方面と7号小松川線千葉方面の行き来が可能になり、あわせて都心方面の渋滞緩和も期待されるといいます。具体的にどう変わるのでしょうか。

第一の目的はC2の機能強化

首都高7号小松川線とC2中央環状線を接続する「小松川JCT」が2019年度の完成を目指し、工事が進んでいます。同JCTが開通すると、都心方面の渋滞緩和にも効果があると期待されています。

これまで、C2と7号小松川線は立体的に上下に交差しつつも、互いに接続されていない状態でした。小松川JCTの工事はこの立体交差に2本の連絡路を建設し、C2の埼玉方面と7号小松川線の千葉方面を接続するものです。これにより、「7号小松川線上り方面からC2内回りへ」、「C2外回りから7号小松川線下り方面へ」の通行が可能になります。

首都高速道路はこれを「C2中央環状線機能強化事業」の一環と位置づけており、このほか2018年3月18日開通予定の「C2板橋・熊野町ジャンクション間4車線化」と、2月25日に開通済の「C2堀切・小菅ジャンクション間4車線化」が実施されました。

主な目的はC2の機能強化というわけですが、7号小松川線とC1都心環状線の接続部には、6号向島線、9号深川線、7号小松川線の3路線の流れが集中する箱崎JCTをはじめ複数の渋滞ポイントがあります。小松川JCTの開通は、こうした渋滞ポイントを抱える都心方面の混雑緩和にも効果があると考えられています。

小松川JCTができると、車の流れはこう変わる

たとえば、5号池袋線(埼玉方面)、S1川口線(東北道方面)、6号向島線(常磐道方面)と千葉方面とを行き来する場合、現時点ではC2の葛西JCT経由で湾岸線を利用するルートか、都心を通過するルート(5号池袋線~C1都心環状線~7号小松川線経由、または5号池袋線~C1~9号深川線~湾岸線経由)しかありません。つまり、千葉方面と行き来するのに7号小松川線を使いたい場合は、現状では都心経由でないといけない状態です。

国土交通省の資料によると、C2全線開通後の2015年10~11月の調査でも、C1の平均交通量約37万台(平日)のうち、C1を通過するだけの車両が約6割を占めています。小松川JCTが開通すると、C1の通過交通のうち、7号小松川線千葉方面と5号池袋線、S1川口線、6号向島線方面を行き来する交通がC2から小松川JCTを経由するルートに分散するため、都心の渋滞緩和も期待されるというわけです。

首都高速道路の試算では、埼玉副都心と7号小松川出入口を行き来する場合、現状の5号池袋線~C1を経由するルートの所要時間がピーク時約85分のところ、小松川JCT整備後の5号池袋線~C2を経由するルートで約70分と、約15分の時間短縮が見込めるといいます。

2019年度の完成を目指している小松川JCT設置工事は、2018年2月23日(金)現在、桁架設工などを実施中です。首都高速道路によると、「橋げたの架設工事などで周辺道路の交通規制を行う場合は、交通量の少ない夜間の限られた時間内に実施し、交通への影響を抑えています」とのことです。

【写真】交差するが行き来できない、従来の7号小松川線とC2

小松川JCTの完成予想図(画像:首都高速道路)。