中国の吉利ホールディングループ(以下、ジーリー)の新ブランド「LYNK & CO」の次世代4ドアセダン、『03』プロトタイプを凍てつくスカンジナビアでカメラが捉えました。

詳細画像はこちら

開発車両の撮影に気づいたドライバーは、すぐさまカメラを遮りシートカバーをかけてしまったようですが、その後撮影に成功したとレポートされています。

詳細画像はこちら

今回のプロトタイプは、以前捉えたテストミュールではなく、全て生産パーツが装備されているようです。プラットフォームには、ジーリーが下に収めるボルボと共同開発した「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を採用。フルデジタルクラスタ、大インフォテイメントディスプレイが配置するほか、デジタル車載シェアボタンなどを装備し、「世界で最も進んだコネクテッドカー」をして販化される予定です。

詳細画像はこちら

2017年上海ショー開された「03」コンセプトモデルは、SUVの『01』のフロントデザインから継承される新な爬虫類顔を持ち、欧で「ファンキー」すぎるセダンと呼ばれていました。では、そのデザインがどこまで反映されるか注されていますが、このテスト車両を見るとデュアルヘッドライトワイドなグリルL字テールライトなど、コンセプトモデルに酷似していることが分かりました。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジン、2リットル直列4気筒エンジン、1.5リットル直列3気筒エンジン電気モーターのPHEVなどがラインアップ予定で、2018年内には、ワールドプレミアされると予想されています。

(APOLLO)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

「写真はダメ!」ファンキーマスクで話題となったあのセダン、いよいよ市販化へ(http://clicccar.com/2018/03/10/567190/)