ホーン体制の2012年以来、クラブ史上二度の開幕リーグ3連敗

 2014年三冠の偉業を成し遂げたJ1ガンバ大阪が、昨季から大不振に陥っている。10日に行われたJ1第3節の敵地川崎フロンターレ戦で0-2と敗れて開幕からリーグ3連敗を喫したが、昨年9月のルヴァン杯準々決勝第2戦のヴィッセル神戸戦(2-0)以来、今節も含めると驚愕公式17試合未勝利と苦戦が続く。開幕3連敗はクラブ史上二度で、J2に降格した2012年以来と暗が漂っている。

 今季のG大阪は、5シーズン率いた長谷川健太監督(現FC東京監督)が退任し、かつてセレッソ大阪を率いたレヴィー・クルピ監督を招聘。新たな船出を切るも、リーグ開幕戦で昇格組の名古屋グランパスに2-3で敗れると、続く第2節の鹿島アントラーズ戦も0-1と敗戦。ルヴァン杯のグループステージ初戦ではメンバーを落としたサンフレッチェ広島に0-4と敗し、今節の川崎戦も0-2のとなった。

 リーグ開幕3連敗はクラブ史上二度で、J2に初降格した2012年以来。当時はブラジル人のセホーン監督ヘッドコーチの呂ワグナーという二頭体制でスタートを切ったが、リーグ戦でクラブ初の開幕3連敗を喫し、その間のAFCチャンピオンズリーグACL)も2連敗で公式戦5連敗となり、セホーン体制は終焉を迎えた。

 その後、現役時代に“ミスターガンバ”と呼ばれた波正信監督が立て直しを図ったが、一度狂った歯車はなかなか元に戻らず、12年シーズンは失意のJ2初降格という憂きに遭っている。


長谷川監督率いるFC東京戦が進退をかけた一戦になる可性も?

 クラブ史上初のブラジル監督を招聘したセホーン体制は期に崩壊したが、同じくブラジル指揮官のクルピ体制でも苦戦を強いられており、ファンの間では不安が日に日に膨らんでいる。

 また、長谷川監督が率いていた昨季からの不振も尾を引いているようだ。昨年9月3日のルヴァン杯準々決勝第2戦の神戸戦で2-0と勝利したのを最後に、10日の川崎戦まで公式17試合未勝利となり、半年間もから見放されている。

 2014年には長谷川監督の下、Jリーグ、ナビスコカップ(現ルヴァン杯)、天皇杯内3大タイトルを獲得して猛威を振るった関西の雄。今季は“攻撃サッカー”を掲げているが、ここまで公式戦3試合で2得点に止まっている。

 今は14日にルヴァングループステージ第2節の敵地・浦和レッズ戦、18日にJ1第4節の本拠地・柏レイソル戦と続く。さらに31日のJ1第5節では、昨季までG大阪揮を執った長谷川監督率いるFC東京戦と敵地で対戦する。このまま不振が続けば、新体制の進退に関わってきそうだ。


2017年9月~今季成績」&「2012シーズン序盤成績」

G大阪2017シーズン 」(監督長谷川健太
9月3日 ルヴァン準々決勝 ○2-0(H)神戸 
9月9日 J125節 1-2(H)神戸 
9月16日 J1第26節 2-2(A)大宮 
9月20日 天皇杯4回戦 2-3(H) 
9月23日 J1第27節 1-2(A)鹿島 
9月30日 J128節 1-2(H)横浜FM 
10月4日 ルヴァン準決勝 2-2(A)C大阪 
10月8日 ルヴァン準決勝 1-2(H)C大阪 
10月14日 J1第29節 0-1(H)新潟 
10月22日 J130節 3-3(A)浦和 
10月29日 J131節 1-1(H)仙台 
11月18日 J132節 0-1(A)川崎 
11月26日 J1第33節 0-1(H)札幌 
12月2日 J134節 0-0(A)FC東京 

G大阪2018シーズン」(監督レヴィー・クルピ)
2月24日 J1第1節 2-3(H)名古屋 
3月3日 J1第2節 0-1(A)鹿島 
3月7日 ルヴァン第1節 0-4(H)広島 
3月10日 J1第3節 0-2(A)川崎 
3月14日 ルヴァン第2節 (A)浦和
3月18日 J1第4節 (H)
3月31日 J1第5節 (A)FC東京

G大阪2012年シーズン」(監督:セホーン/第3節後に解任)
3月6日 ACL第1節 0-3(H)
3月10日 J1第1節 2-3(H)神戸
3月17日 J1第2節 1-2(A)C大阪
3月20日 ACL第2節 0-2(A)アデレード・ユナテッド
3月25日 J1第3節 1-2(H)磐田
3月31日 J1第4節 1-1(A)新潟
4月3日 ACL第3節 ○3-1(H)ブニョドコル


Football ZONE web編集部)

ガンバ大阪、クラブ史上二度目の開幕リーグ3連敗【写真:Getty Images】