上映イベント『京都みなみ会館 さよなら興行』が、3月26日から京都・京都みなみ会館で開催される。

建物の老朽化のため3月末をもって一時閉館する京都みなみ会館。ラスト興行となる同イベントでは、新作旧作を織り交ぜた38作品を6日間にわたって上映する。最終日の最終上映作品はシークレットとなる。

上映作品には黒沢清監督『アカルイミライ』、青山真治監督『私立探偵 濱マイク #6 名前のない森』、ジャック・ドゥミ監督『シェルブールの雨傘』、グザヴィエ・ドラン監督『Mommy/マミー』、犬童一心監督『ジョゼと虎と魚たち』、豊田利晃監督『青い春』、曽利文彦監督『ピンポン』、田口トモロヲ監督『アイデン&ティティ』、神代辰巳監督『恋人たちは濡れた』、長谷川和彦監督『太陽を盗んだ男』、塚本晋也監督『鉄男 TETSUO』、石井聰亙監督『狂い咲きサンダーロード』、相米慎二監督『台風クラブ』、ジム・ジャームッシュ監督『コーヒー&シガレッツ』、ダニー・ボイル監督『トレインスポッティング』、フランソワ・トリュフォー監督『大人は判ってくれない』、ジャン=リュック・ゴダール監督『勝手にしやがれ』、エドワード・ヤン監督『ヤンヤン 夏の想い出』などがラインナップ。

上映スケジュールの詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。
『京都みなみ会館 さよなら興行』メインビジュアル