0-1とC大阪が劣勢で迎えたなか、MFソウザが大きく変化するロングシュートで同点弾

 昨季二冠のセレッソ大阪は、10日に行われたJ1第3節の敵地柏レイソル戦で1-1に終わり、開幕3試合連続のドローとなった。開始々に失点する苦しい展開を強いられたC大阪だが、ブラジルMFソウザの“今節ベストゴール級”とも言えるスーパーロングシュートで追いついており、DAZN公式ツイッター開された映像が反を呼んでいる。

 試合は開始4分に動いた。に攻め込まれたC大阪は、FW伊東純也ラストパスから最後はFWクリスティアーノに流し込まれて先制弾を献上。その後はともにチャンスを作りながらも決定打を欠く展開となったが、後半15分にC大阪MFソウザが魅せた。

 敵中央でボールを奪ったソウザは、そのまま前を向いてボールを運ぶと、迷いなく右足を一インステップからアウトフロントにかけてインパクトされたと見られる強な一撃は、日本代表GK中村も一逆に動いてしまったほど軌が大きく変化し、最後はシュート回転しながらゴール右に突き刺さった。

 DAZN公式ツイッターではゴール動画開。「ワールドクラススーパーロングシュートが炸裂!!! C大阪ソウザが約35mの距離から快に右足を振り抜いた!」と伝え、1000以上のリツイートがされるなど反を呼んでいる。

 終盤には、C大阪韓国代表GKキム・ジンヒョンがサポーターと口論に発展。キム・ジンヒョンは両手で釣り上げるような仕審にし、試合が一時中断する事態となった。その後に試合は再開されて、1-1のドローに終わっている。


セレッソ大阪のMFソウザ【写真:Getty Images】