株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、人気RPGテイルズ オブシリーズ世界を体験できる「テイルズ オブ VRカフェ 」を3月1日より開催します。

VRカフェでは『テイルズシリーズキャラクターに会えたり、キャラクター同士の寸劇をの前で見たりといったVR体験ができます。また、作品シリーズ料理モチーフとしたフードメニュー提供されており、『テイルズシリーズ世界観を体感できるイベントになっています。

本記事では、東京秋葉原の「アニON STATION AKIHABARA本店」にて行われたプレオープンの様子をレポートします。

シリーズキャラクターの等身大パネルがお出迎え

「アニON STATION AKIHABARA本店」は、JR秋葉原駅電気街札からビックカメラ方面に歩いた先にあります。徒歩で約5分ほどでアクセス良好です。

今回開催されるVRカフェは『テイルズ オブレイズ』の「ミリーナ・ヴァイス」が、カフェ店長としてキャラクターや来店者をもてなしてくれるという設定です。各入場プランによって体験できる内容が変わります(店内で追加購入可)。

VRカフェで体験できる内容は下記の通りです。

キャラクターがおすすめメニューを教えてくれる「基本VR
・ドリンクフードを選べる「1オーダー」
キャラクター同士の寸劇を見られる「VRスキット
VRスキット時におみやげを渡すことができ、お返しとしてプレゼントがもらえる「VRおみやげ

店内に入ると、『テイルズ』のキャラクターたちの等身大パネルがお出迎え。各シリーズキャラクターたちが並ぶ姿はファンにとっては嬉しいですね。

ルークユーリのパネルの間には、今回登場するキャラクターたちの缶バッジやアクリスタンドなど、コラボグッズの展示が行われています。グッズは総合受付で購入できます。

テーブルは1人につき1テーブル。個別に分かれているため、1人での来店も気にせずに楽しめるようになっています。店内での注文は、『テイルズシリーズに登場する通貨「ガルド(1ガルド200円)」を使って行います。カフェの開店時間前に、使いたい分のガルドを両替しておくとスムーズに体験できます。

カフェの開店時間になると、店内のモニターに「ミリーナ」と「イクス・ネーヴェ」が登場。ゲームの会話シーンのように進んでいき、今回のカフェについての説明がされます。いよいよ、VR体験へと移ります。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

VRで『テイルズ』の世界を体験

VR体験はスマートフォンを使うタイプVRゴーグル「Gear VR」で行います。デバイスの扱い方や説明については店内のスタッフが教えてくれるので、VR体験が初めてという人でも安心です。

VRデバイスを装着すると、の前にカフェが現れます。スタッフの合図に従い、デバイスを操作することでVR体験が始まります。

公式レスリリースより。の前にはユーリが)

VRコンテンツカフェの店内からスタートします。カフェの店内を見回してみると、『テイルズシリーズキャラクターたちが休憩している様子を見ることができます。テーブルに座っている「ミクリオ」に視線を送ると、手を振って答えてくれました。

その後店長ミリーナに迎えられ、会話をしていると「特別ゲストキャラクター」が登場します。この特別ゲストは体験する時間帯によって異なるキャラクターが登場。筆者が体験した時間帯は「ルーク」が登場しました。

公式レスリリースより。ルークが来てくれました)

キャラクターからの冒険や戦いに関する質問に答えていくと、おすすめメニューを教えてくれます。この段階で注文が決定するわけではないので、気軽に答えることができます。おすすめメニューを紹介されたところでVR体験は終了します。

コラボメニューは、各キャラクターイメージしたドリンクや、作品に登場する料理モチーフとしたフードっています。筆者は、ルークコラボリンクマーボーカレーを注文しました。

ガルド、または「1オーダー」チケットで注文。

ルークコラボリンクは、りんごジュースいちごゼリーミックスです。グラスの上には、トレードマークも付いてきます。グラデーションが綺麗ででも味わえました。

また、各コラボリンクを注文するとオリジナルコースターがもらえます。

マーボーカレー」は、程よい辛さが効いていて美味しかったです。ゲーム内に登場する回復アイテムだけはあります。今回注文したマーボーカレーには、特別ゲストである、ルークの「ティアが変わるのを、ずっと見ていてくれたんだ」というセリフ付きのトッピングがされていました。

シリーズの枠を超えたキャラクター同士の掛け合いも

公式レスリリースより

VRスキット」では、特別ゲストユーザーが選択したキャラクター同士の掛け合いを見ることができます。シリーズえたキャラクターの絡みをフルボイスで見ることができます。筆者は「ユーリ」を選択し「ルーク×ユーリ」の掛け合いを見ました。会話の途中には、相づちをめられるシーンもあり、自分も掛け合いに参加している気分になれます。冒頭で体験したVRコンテンツよりも、キャラクターとの心理的な距離が近く感じられるのでオススメですね。

VRスキット中に「VRおみやげ」のチケット、またはガルドで購入しているユーザーは、特別ゲストおみやげを渡すことができ、お返しとして「プレゼント」がもらえます。

VRキャラクターが「自分に向かって話している」感覚になるので、自分が『テイルズ オブシリーズの登場人物になったかのような気分になれます。これまでモニターを通して見ていたキャラクターたちとのコミュニケーションは新鮮でした。

VRカフェ90分の入れ替え制となっています。体験前は時間が余るのではないかとも思っていましたが、あっという間の90分でした。ゆっくり楽しみたいという人は、少し速めに来店して準備を済ませておくと良いかもしれません。

VRカフェは今回の開催を皮切りに、順次展開予定とのことです。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

イベントの概要

開催期間

2018年3月1日(木)~4月15日(日)

場所

アニON STATION AKIHABARA本店
東京都千代田区神田3丁 ダイドーリミテッドビル1F

入場プラン

NORMAL:3,600円
(入場料、基本VR、1オーダー、VRスキット
SPECIAL:4,800円
(入場料、基本VR、1オーダー、VRスキットVRおみやげ
LIGHT:2,800円
(入場料、基本VR、1オーダー)

予約

予約ページ

特設サイト

http://www.namco.co.jp/cafe_and_bar/anionstation/special/talesofvrcafe/