7日、務に出席したキャサリン妃がふくよかな健康美を見せて、絶賛のが寄せられている。第3子の出産予定日まであと1か半ほどと予想されており、おのふくらみも立つ身重の身体で、1日に2か所での務を果たしたことが報じられている。

【写真を見る】ちょっとふっくらしたキャサリン妃。健康的だと絶賛されている

今回キャサリン妃が訪問したのは、子供メンタル・ケアを支援するチャリティ団体「Place2Be」の本部だ。2013年から同団体のパトロンを務めているキャサリン妃は、この度新設されたロンドン本部のオープニング・セレモニーに出席し、子供メンタル・ケアの重要性を説くスピーチも行った。

デイリーメールコメント欄は、以前よりふっくらして健康的になったキャサリン妃の美貌を絶賛するコメントで溢れており、ジョージ王子シャルロット王女妊娠時と同様、「妊娠中で体重が増えている時の方が健康的で美しい!」と言う意見が圧倒的多数。過去に何度か極端な痩せ方が報じられたことから「産後にまたやせしないでほしい」と、今から心配するまで上がっている。

この日のキャサリン妃は、学校子供の心のケアに取り組めるよう、カウセラーや教師学校導員らに向けて行われているトレーニングについて学んだ。また、同チャリティの協提携校であるアルオン小学校を訪れ、「仲の良い友人を作るには?」というテーマ子供たちの創作活動に参加したりと、いつも通り熱心に務を行っていた。(Movie Walker・UK在住/シャオ

出産予定日まであと少し