三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが、米国アカデミー賞認・アジア最大級の際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバルアジア(略称:SSFFASIA)」のフェスティバルナビゲーターに就任する。

【写真を見る】「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」映画祭代表の別所哲也

映画祭は、2018年に記念すべき20周年を迎える。オフシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)各部門の優秀賞から選ばれるグランプリ作品は、次年度の米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対となる。

今年のテーマは、映画がもたらす感動やその価値を投げ掛けたいという思いを込め「Cinema Smart」に決まった。130えると地域から応募された、過去最高となる1万本をえるショートフィルムの中から厳選なる審で選ばれた約250作品を、6月4日()から6月24日(日)まで開催する「SSFFASIA」で、表参道ヒルスペース オーやラフォーレミュージアム原宿をはじめとした都内複数の会場で上映する。

また、公式テーマソングとして、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの新曲「FUTURE」が採用された他、メンバーフェスティバルアンバサダー・LiLiCoと共にセレモニーへ登壇。映画祭のみどころやショートフィルムの魅などをり、映画祭を盛り上げていく。

SSFFASIA 2018」では、内の映画祭として初となるVR部門「VR SHORTS」を新設。複数のVRデバイスを設置した特設会場を設け、世界中のVR映像の中から、映画としてストーリー性も含めて高く評価できる作品を一挙上映する。さらに、未来映画界を担う学生たちを応援する「学生部門 supported by フェローズ」を新設し、若き才を発掘する。(ザテレビジョン

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」フェスティバルナビゲーターに就任した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE