OP戦は5試合出場で打率.091、MLBスカウトは「打てない」と「確信」!?

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、メキシカンリーグ・ティファナとの練習試合に先発し、3回6安打6奪三振3四死球6失点。数字だけ見れば大荒れの結果だったものの、本人は「最初よりはボールに対してもフィットしてきている部分はあると思うので、やっぱり前進はしています」と話すなど、確かな手応えを示した。

 一方、打者としてはここまでオープン戦5試合に出場し、11打数1安打3四球4三振の打率.091。「打者初戦」で1打数1安打2四球1打点と出塁率10割のスタートを切ってからは、相手の美技でヒットを阻まれたことなどもあり、10打数無安打となっている。米メディアによると、MLB球団のスカウトは大谷について、ある理由で「高校生レベルの打者」と厳しい評価を下しているという。

 ここまでオープン戦5試合に出場している「打者・大谷」。米メディア「スポーティング・ニュース」は「MLBスカウト確信、ショウヘイ・オオタニはビッグリーグの球を打つことができない」とのタイトルで特集を組み、メジャーで戦っていく上での“弱点”を指摘している。

 根拠となっているのは、米ヤフースポーツの敏腕記者ジェフ・パッサン氏が執筆した記事。「スポーティング・ニュース」は「今シーズン、ショウヘイ・オオタニはMLBで二刀流になることはできないだろう。少なくとも効果的な二刀流には。これは8人のスカウトが今週、ヤフースポーツに話したことに基づいている」と伝えている。なぜか。

求められるカーブへの対応「彼は優れたカーブボールを一度も見たことがない」

 記事では、大谷がMLBで投げられるような優れたカーブに対して、あまり経験がないと指摘。日本ではスプリット(フォーク)が好んで使われる傾向があり、カーブピッチャーがそれほど多くないためだとしている。まずは、そこに対応しなくてはいけないというのだ。

 7日(同8日)のドジャース戦では、大谷がメジャー最強左腕カーショーの大きなカーブの前に見逃し三振に倒れたシーンが話題となった。大谷が見送ったこの1球がボールだったとする意見も少なくなかったが、現時点でカーブに対応できていないと専門家は見ているようだ。

 ヤフースポーツでは、「あるスカウト」が「基本的に、彼は高校生レベルの打者だ。優れたカーブボールを一度も見たことがないんだ」と話していたことを紹介。さらに「ファストボールやチェンジアップは体験したことがある。高校生の打者にメジャーリーグへの素早い対応を求めるかい?」とも証言したという。打者としてメジャーに適応するには、まだ時間がかかるとの認識のようだ。

 まだ打席に14回立っただけ。初めて対戦するピッチャーばかりで、日本とは違う環境やメジャー特有の動くボールにも慣れている最中だ。徐々に対応し、早くも出始めた厳しい声を結果で封じたい。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】