『イタリア映画祭2018』が4月28日から東京・有楽町朝日ホールで開催される。

2001年から開催され、今年で18回目を迎える同イベント。今回は2017年以降にイタリアで製作され、日本未公開の新作映画14本に加えて、現在は日本での上映の権利がなく、今後国内で見られるのが同映画祭で最後となる可能性もある5作品をアンコール上映する。

上映作品には、イタリアのシンガーソングライターであるルチャーノ・リガブーエの3本目の監督作となる『メイド・イン・イタリー』や、マーティン・スコセッシから「感動的で美しい映画」と称賛されたジョナス・カルピニャーノ監督の『チャンブラにて』、同映画祭でシリーズ前2作品を上映しているシドニー・シビリア監督の『いつだってやめられる』シリーズの第3弾『いつだってやめられる―名誉学位』、『ヴェネチア映画祭』で3つの賞を受賞したマネッティ兄弟の監督作『愛と銃弾』などがラインナップ。

会期中には来日ゲストによる開会式や舞台挨拶、トークイベントが予定されている。なお同イベントは5月26日と27日に大阪・ABCホールでも開催。上映スケジュールなどの詳細は『イタリア映画祭2018』のオフィシャルサイトで確認しよう。
『イタリア映画祭2017』ポスタービジュアル