DFマノラスがトリノ戦で先制点、ゴール後に天を指差し祈り捧げる

 気持ちの込もったヘディングシュートだった。現地時間9日に行われたセリエA第28節のローマ対トリノ戦で先制点を決めたギリシャ代表DFコスタス・マノラスは、ゴール後に天を仰ぎ、4日に急死した元イタリア代表DFダビデ・アストーリへ祈りを捧げた。

 フィオレンティーナのキャプテンを務めていたアストーリは、4日に滞在先のホテルで急死。31歳という早すぎる別れがサッカー界に大きな衝撃を与え、同日に行われる予定だったセリエAの試合は全て延期となった。

 アストーリの死後、初めて行われたゲームがこのローマ対トリノの一戦だった。0-0で迎えた後半11分、イタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィからの右クロスをファーサイドで合わせたのは、かつてローマでプレーしていたアストーリとCBコンビを組んだこともあるマノラス。高い打点から強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。

 マノラスはそのままピッチサイドに走ると、ピッチに膝をつき、掲げた両手で空を指差しアストーリを追悼した。「DAZN」公式ツイッターもゴール動画を投稿し、「天に捧げるゴール」と紹介した。


ローマのサポーターも横断幕「チャオ、アストーリ」

 さらに後半28分には元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシも、背後からのボールをダイレクトボレーで押し込む気迫のゴールを決めて追加点。後半アディショナルタイムには、MFロレンツォ・ペッレグリーニがダメ押し点を決めた。

 試合前には両チームの選手が一列になり、肩を組んで黙祷を行った。また、英公共放送「BBC」によれば、ローマの本拠地スタディオ・オリンピコでは、ファンが「チャオ、アストーリ」、「あなたが僕らと一緒にいてくれたことは本当に偉大だった」などというメッセージを記した横断幕を掲げていたという。

 試合はローマが3-0で完勝。オリンピコの大観衆がアストーリへの思いでひとつになった。

(Football ZONE web編集部)

4日に急死したフィオレンティーナの元イタリア代表DFダビデ・アストーリ【写真:Getty Images】