連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 〜土 8時〜、BSプレミアム 〜土 あさ7時30分〜)
23週「わろてんか隊がゆく」第132回 3月9日)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:川野秀昭

132話はこんな話
わろてんか隊は、最後の高座に新しい趣向で臨む。

風太、がんばる
内地では、てん(わかな)たちが、風太たちを心配している。
戦地では、風太濱田岳)が新しい趣向を試そうと、阿久津少佐(八十田勇一)に事前に根回しする。
勝手にやって、また止められないようにということはちゃんと考えていた。
「笑いはです」と説得する風太
何度も書いている気がするが、こういうときの濱田岳は、任せて安心。
それから、高座で会的なことをしているときの濱田岳も頼もしい。言葉の意味がはっきり伝わってくる。

この日の「わろてんか」のあとの「あさイチ」は濱田岳がゲストで、「わろてんか」の裏話をいろいろっていた。
彼のアドリブが多いわけは、ひとの一生を15分に縮めるためには略さないといけないが、そのなかで、できるだけ自分の役の情報を足そうとしている、というようなことを言っていて、なっとく。風太のこと(いわゆるサブテキスト)をすごく考えているし、関西人でない彼が関西人を演じるにあたって、言葉の音を大事にするより、滲み出る関西感をカラダで表現したというような話も印的だった。
なかなかカットがかからず、徳永えりと延々芝居を続けた場面が流れて、それもすごく面かった。なかなかカットがかからなくて、カットをかけざるを得ない流れにもっていく濱田岳がすばらしい。濱田の芝居に最後まで食らいついていく徳永えりも。「信頼と実績の徳永えり」という濱田の言葉は真実と思う。

復活する人間関係
さて、「わろてんか」132話の振り返りに戻ろう。
芸人たちは漫才用の衣を着て、いまできる渾身の芸を披露する。

キースアサリ大野拓朗、前野拓哉)も全復活。
稽古しているときに、アサリがへばると、「おまえがつかれてへたりこんでもが笑わせたる」とキースが言う。131話の「やっぱりお前がええ」に続いて、なんでそんなにキースアサリが好きなのか。

リリコとシロー広瀬アリス松尾諭)は新作漫才を。
一度やろうとして止められてしまった手紙ネタブラッシュアップして披露。内地のさんからの手紙の体で読み、みんなをしんみりさせる。
彼らの稽古では、「高座に立つときは夫婦やない」とリリコはシローに厳しく接する。さすが芸に厳しい。
シローは再び漫才をやったことで、「の夢は死ぬまでリリコのそばにいることや」と気付き、日本に戻ってもう一度漫才をやりたいとリリコに提案する。

単なる2組の漫才の復活ではなく、お互いへの思いに気づく、関係性の復活だった。

彼らの渾身の漫才を見て、だんだん少佐の顔も変わっていく。
とくに、少佐の故郷も名古屋だったため、リリコの手紙ネタいたようだ。
それを知っていてわざと名古屋にしたわけではなくて、偶然の喜び。もし万丈藤井隆)が知っていて取りれたとしたらすごいけれど。

おてんさまも笑いに挑戦か
トキ「帰ってきます 帰ってきます」
てん「え?
トキ「わろてんか隊が」
てん「ほんまか」

てんの「え?」(何が?)というようなのんきなリアクションは、ひとボケしてみました、ということなのか。

冒頭では、トキ風太を心配すると、の移動ではないから水泳が苦手な風太大丈夫と、笑わせようとしていた。
かすかなてんの変化・・・いよいよ、てんが動的に、ひとを笑わせる側になってきたってことだろうか。

の会社は社員がやばい
高橋一生)にあとは頼んだと言われた山下専務玉置)は、業務提携の話を勝手に進めてしまう。
なにやら問題が起こりそうな雰囲気・・・。
山下って専務だったのか。いくらそれなりに上の立場とはいえ、あとを頼まれたのは、そこまで大きな話じゃない。
それにしても、也(成田)といい(マーチン・ショウ詐欺事件のとき)、山下といい、なぜ、かかってきた電話に勝手に対応してしまうのか。はてんのことばかり心配しないで、もっと社員にを配るべき。
(木俣

イラスト/まつもとりえこ