2位タイに浮上し2日目を終えたウッズ、ホールアウト後の“即席サイン会”が話題に

 米男子ゴルフ、バルスパー選手権(米国イニスブルックリゾート&GC)は9日(日本時間10日)、第2ラウンドが行われ、復帰4戦目となるタイガー・ウッズ(米国)は通算4アンダーに伸ばし、首位と2打差の2位タイに浮上した。主役の復活に沸く中で、ホールアウト後のウッズのあるシーンをPGA公式ツイッターが公開。「素晴らしい光景」「グッジョブ、タイガー」と話題を呼んでいる。

 一時首位に立つなど、4つのバーディーを重ね、2位タイに浮上したウッズ。かつての強さが戻ってきたと注目を集めているが、プレー以外にもスポットが当たるのがスターの証だ。ホールアウト後、ペンと緑のキャップを差し出しサインをねだる少年ファン。お目当てはもちろんウッズだ。

 殺到するファンでもみくちゃにされながらも、柵越しから「タイガー」と呼びかける少年。すると願いが届いた。ウッズの手にキャップが渡ると、さらさらとペンが走った。実に嬉しそうな表情を浮かべる少年。手元に戻ってくると、「サンキュー! タイガー!」と心からの感謝を口にした。

 この映像は常に少年が主役で、ウッズの姿が出てくるのは最後というのもPGAサイドの“粋”な演出だろう。

この“神対応”に称賛の声が続々 「なんとも幸せそうだ」

 この心温まるシーンを、PGA公式ツイッターは「タイガー・ウッズからのサイン? 夢はかなう」と記して公開。すると、ファンからは“神対応”を称賛する声が相次いだ。

「素晴らしい光景」

「グッジョブ、タイガー・ウッズ!」

「幸運な少年だ」

「なんて可愛いの。このサインはとても大事なものでしょうね」

「タイガーが子どもたちを笑顔にしている光景が見れるのは素晴らしい」

「この子はなんとも幸せそうだ」

「この子の反応はプライスレスだ」

「この子はタイガーが優勝している姿を見たことあるのかな?」

 おそらく少年は、ウッズの全盛期を知らない。5年ぶりの優勝は射程圏。目の前での完全復活を祈っているはずだ。(THE ANSWER編集部)

バルスパー選手権で首位と2打差の2位タイに浮上したタイガー・ウッズ【写真:Getty Images】