バルセロナは10日、リーガエスパニョーラ第28節にアウェイでマラガと対戦。この試合の前に、9日の公式HPにてマラガとの因縁を紹介している。

 現在リーガで34試合無敗でリーグ戦でも首位を独走するバルセロナ。その35試合前に対戦したクラブがマラガだった。昨シーズンのリーガエスパニョーラ第31節にアウェイで行われた試合は、32分にU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレスに先制点を奪われると、後半アディショナルタイム2分にもスペイン人MFジョニーにダメ押しとなるゴールを決められて0-2と敗れた。公式HPでは「マラガからマラガへ」と最後に負けた同クラブに対して強い意識を見せている。

 また、選手ではウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、マラガ戦では一度も得点できていない。2014-15シーズンに加入し、2018年1月にはリーガ通算100得点を記録したものの、マラガとの対戦では、いまだにゴール数は0と初ゴールにも期待がかかる。昨シーズンの雪辱を晴らして、無敗記録を続けることはできるだろうか。

昨シーズンの第31節で対戦したバルセロナとマラガ [写真]=Getty Images