リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、10日に行われるマンチェスター・U戦を前にコメントを残している。イギリスメディアスカイスポーツ』が、9日付で報じている。

 “ナショナルダービー”と呼ばれるマンチェスター・Uリヴァプールの一戦は、名門同士が突する伝統の試合だ。昨年10月14日プレミアリーグ第8節にリヴァプールホームで行われた同カードは、スコアレスドローに終わっている。

 この試合ではマンチェスター・Uがかなり守備的な戦術を選択したことも話題となり、試合後にはジョゼ・モウリーニョ監督の代名詞ともされる「ゴール前にバスを停める」という表現もしきりに使用されていた。

 だが、マンチェスター・U戦を控えたクロップ監督は次のように話し、次の一戦はフットボール哲学の戦いとはならないという見解を示している。

「守備的に来ることに関して全く問題はないよ。人々は彼らがはっきりとしたサッカーをすると言っているね。ただ、々もまたはっきりとしたサッカーをしているんだ。もが何かしらの大きなことをしているわけだが、すべては勝利のためだ。サッカーの試合に勝つ方法はさまざまなんだよ」

マンチェスター・Uサッカープレーするにあたって、はっきりとしたを進んでいる。それがすべてだ。私たちは持てる全てを出しつくして、彼らを防がねばならない。賭けに出たりはしないよ。彼らに対してそんなことができるクラブなど存在しないさ」

「彼らはフィジカルと戦術の両面でとても強い。これはシステム哲学の戦いではない。2つの非常に優れたサッカーチームの対戦なんだ」

マンチェスター・Uが攻撃してきたとき、私は選手たち全員が守備に関与してくれることを願うよ。かがその間に々がバスを停めていると言ったら、その通りに私たちはバスを停めるだろう」

 そして、クロップ監督コメントは以下のように続いており、この試合が非常に難しいものになるだろうという見解を示している。

「想像しうる中で最大の試合だ。々が何かを得るためには100パーセントを出し切る必要があるね。マンチェスター・U素晴らしいクオリティを持っていることは々も知っている。ホームで戦うことは彼らにとってアドバンテージになるだろう」

「彼らはとても経験豊富なチームで、監督も非常に経験豊かだ。々にとってはかなりの大仕事が必要になるだろうね」

ナショナルダービーへ向けたコメントを残したクロップ監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images