日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターの香取慎吾が、昨日3月9日に韓国・江陵オリンピックパーク内の「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」を訪問した。

【大きな画像をもっと見る】

「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」は2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、開催都市である東京および「東京2020大会」の魅力をPRするために、「2018平昌冬季オリンピック」期間の2月9~25日に作られた施設。「平昌2018冬季パラリンピック」の開幕にあわせての再オープンに先立って香取は施設を訪れ、東京の観光地のCG映像の中に来場者の等身大アバターが出現する「THE TOKYO TRAVELLERS」などのコンテンツを堪能した。

香取は「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」の印象について、「ITやアニメーションのような新しい文化も融合された日本のさまざまな魅力が集まっていて、まさに日本や東京2020大会に足を運びたくなるような施設だと感じました」とコメント。自身が拠点を置く東京の魅力について、「東京は街の美しさや綺麗さだけでなく、華やかで夢が詰まっているような雰囲気に魅力を感じます」と述べる。

そして、現在パラリンピックに参加している日本代表選手団について、「選手村に伺って何人かの選手とお会いしたんですけど、僕はパラリンピックの雰囲気に興奮していたのですが、選手の皆さんはリラックスされていて。パラリンピックという特別な場所でも、『自分のルーティンを守りつつ、最高の力を発揮する』という姿勢に感銘を受けました。とにかく応援しています! 皆さんの姿を見て、僕の“頑張る明日”をもらいたいです!」と熱弁した。

香取は、稲垣吾郎、草なぎ剛と共にパラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務めており、パラスポーツ応援チャリティソング「雨あがりのステップ」を3月19日にiTunes Store限定でリリースする。

香取慎吾 (c)Tokyo 2020