3戦目で決めた、エースの今季初ゴールだった。

 2点のビハインドで迎えた87分、遠藤渓太の放ったシュートが相手DFに当たってこぼれる。それを拾った松原健がクロスを入れると、「来るかな」と思ったウーゴ・ヴィエイラが裏に抜け出し右足を振り抜いた。

「DFの間に入ってポジショニングした。そこで間に来たので、トラップからシュートに持っていくことができた。残念ながら勝ち点3には至らなかったが、いいゴールだったと思う」

 開幕2試合とは違い、横浜F・マリノスは立ち上がりから動きが悪かった。ゴールを決めたヴィエイラも「僕も含めて前半は入りが良くなかった。みんなちょっとコンディションが悪かったという印象」と振り返った。

 今季クラブが取り組むアタッキングサッカーを研究してきたサガン鳥栖。横浜FMのセンターバックとウイングを高い位置で潰しに掛かることで、攻撃の組み立てとポゼッションをさせなかった。

 ボールを持てず、前線に運ぶことができない。「なかなかボールが来ない時間が長くて難しい試合だった」とヴィエイラ。さらに相手の執拗な時間稼ぎにもイライラが募った。それでも、「それだけのせいではない。もっともっと自分たちのサッカーをやらないといけない」と悔しさを覗かせた。

「点は決めたけど、満足はしていない。点を決めても、勝ち点3が取れないとそんなに喜べないですね」。2点のビハインドから一矢を報いたヴィエイラだったが、最後まで笑顔を見せなかった。

今季初得点をマークした [写真]=J.LEAGUE