SNS上などで先日「学校と化粧の関係」について話題となりました。社会に出る前は、化粧やヘアワックスについて「メイクして学校に来ちゃダメ」「男子はワックス禁止」などと校則で禁止されているのに、社会に出た後は「社会人としてメイクは最低限の身だしなみ」「男性も整髪料を付けるくらいは常識」と言われることに疑問を感じる声に対し、「学校でメイクとスキンケアの授業やってほしい」「メイク禁止も学習の一環だと思う」「学校と会社でルールが違うのは当然では」など、さまざまな意見が上がっています。

 化粧は、学校における教育の対象とすべきなのでしょうか。オトナンサー編集部では、駒沢女子大学人文学部の石田かおり教授(哲学的化粧論)に聞きました。

「成人の証し」「大人の儀礼」としての化粧

Q.現代の教育現場では、なぜ化粧が禁止される傾向にあるのでしょうか。

石田さん「化粧は『成人の証し』であり『大人の礼儀』という長い伝統があるためです。これは少なくとも平安時代まで遡る1000年余りの伝統と言えます。成人年齢が20歳であっても、あるいは将来的に18歳となっても、社会では高校を卒業した時点で『大人』とみなされ、大人扱いされます。つまり、小・中・高校生は大人ではないのです」

Q.平安時代の伝統とはどのようなものですか。

石田さん「平安時代の貴族(公家)は、成人式から生涯にわたって決まった化粧を続けました。その化粧をしないと『マナー違反』『常識のない人』とされ、貴族社会から排除されたのです。貴族の化粧は『白化粧』といい、当初は女性だけのものでしたが、11世紀からは男女共通となりました。その内容とは、手順に従って言えば『眉を抜く、または剃る(全部なくす)』『白粉を塗る』『眉を描く(額の骨の上。形には流行がある)』『お歯黒をする』『紅をさす(元の唇の約6割)』といったものです」

Q.教育現場で化粧が禁止される理由として、ほかに何が考えられるでしょうか。

石田さん「化粧が学校教育になじみにくい点が挙げられます。化粧を教える科目として考えられるのが保健、理科、家庭科などですが、これらの科目にはどれも、明治時代からの伝統があります。一方、これまで一度も教育に取り入れられたことがない化粧には科目の伝統が存在しません。また、化粧に関する研究は1950~60年代に始まったもので、化粧品の成分や肌といった自然科学的なものに限られていました。1990年頃からは、アンチエイジングや紫外線に対する効果が明らかになり始め、研究成果が一般に知られるようになりました。次に『寝た子を起こす』説も考えられます。これは、学校教育で化粧を扱うことで、生徒が化粧に興味を持ち始めたり『化粧をしてよい』と考えたりするきっかけとなる可能性を指します」

Q.化粧の意味や方法について、学校で教えるべきだと思われますか。

石田さん「教えるべきだと思います。化粧教育が野放しになっている現状を見るにつけ、正しい知識を得る機会に恵まれず、化粧の意味を考えることもなしに、興味や自己表現が偏重される傾向があります。『なんとなくこれでいいか』という感覚で化粧が実施され、それがそのまま受け入れられているため、あまり問題が生じず、放置されているのです。化粧に対する正しい知識は、自分に合った化粧品の選択や使い方につながり、結果として健康な肌に結びつくものです。また、化粧の意味を知ることは外見について考える機会となり、不必要かつ不適切な自己評価の解消や解決にもつながると考えられます」

「スロービューティー」の考え方とは

Q.化粧教育はいつ、どのような方法(内容)で行われるべきでしょうか。

石田さん「まず、中学生の時期に基本のスキンケア(洗顔・化粧水・乳液)、化粧の社会的意味や道徳を取り入れるのがよいでしょう。高校生の時期にはスキンケア方法の復習に加え、化粧の歴史や社会的意味、道徳をより詳しく知ったり考えたりする機会を設けることが適切ではないでしょうか。大学生の時期になると、大人のフルスキンケアと就職活動に必要なメイクや表情、また、自分が将来親や社会人として、子どもに対応する立場になった時のための知識を身につけ、社会的意味や道徳的意味を考えることが望ましいです。そして、加齢に伴う体の変化を知り、それに応じた健康な生活を送るための化粧やスキンケアを知ることも良い人生にとって必要でしょう」

Q.理想的な化粧教育とは、どのようなものだとお考えですか。

石田さん「私は『スロービューティー』を提唱し、普及活動をしています。スロービューティーとは『人それぞれ・年それぞれの美しさ』のことで、アンチエイジングと正反対の考え方です。日本社会では、美の基準がごく狭い範囲に収れんしており、皆、同じ顔と体形を目指して美容に励んでいます。その結果、成功した人は同じような外見になります。現に、メイク前の素顔と比較すると、メイクを施した後は個人の判別度が下がるのです。自分の外に置いた基準に自分を合わせると自分が欠点だらけになり、自己評価が低下するため、マイナスをゼロにする欠点修正型の美容が主流となっています」

石田さん「しかし、人は皆違う顔や体を持っています。それを生かし、自分にしかできない表現をすることがその人を幸福へと導くのではないでしょうか。大切なのは、自分の外にある美の基準を自分の中に置き、人それぞれの美しさを引き出すことです。また、過去の自分を基準にする限り、不幸は増す一方になってしまいます。年齢とともに似合う服や髪型、メイクが変化するということは、その年齢にしかできない自分の表現があるということ。それを見つけて一つずつ歳を重ねていくことは、自分の中の『基準の多様化』『年それぞれの美しさ』につながります。化粧教育は、こうしたスロービューティーの発想に基づくべきだと思います」

(オトナンサー編集部)

化粧は学校で教えるべき?